わたしはマララ

わたしはマララ

作者名 :
通常価格 1,439円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「すべての子どもに教育を」と訴え、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女・マララの手記。本書は、テロリズムによって生活が一変した家族の物語でもあり、女の子が教育を受ける権利を求める戦いの記録でもある。世界24か国で翻訳の話題作!

ジャンル
出版社
学研
ページ数
448ページ
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年12月20日

現代のアンネフランクを作りたいのだろう。
価値観が西欧的、啓蒙的すぎて、国内で理解されるのが難しいのはわかる気がする。
そして、西欧的、啓蒙的すぎて、ヨーロッパにはとても親和性があるところも難しい問題だ。
ここまでくるとパキスタンの価値観の外部だから、もう彼女の声は外部の敵の手先の声として聞こえてし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月06日

同じ地球に、これだけ違う文化、生き方のある国があるとか
、もはやファンタジーの世界。日本に生まれた幸運を感じずにはいられない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月11日

パキスタンで女の子が教育を受けられるように活動する少女のお話。タリバン政権にターゲットにされ、銃弾を受けるも多くの支援者からの愛で一命を取り留めた少女。

パキスタンやアフガニスタンで起きている現実、貧困や教育の実情、紛争の現状が1人の少女から見た視点で書かれている。

日本にいると麻痺する当たり前...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月31日

治安の悪い環境でも学ぶことに対する情熱。
恵まれている人は読むべき。
教育を受けられることに感謝を。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月23日

この本は、マララさんの生まれてからこれまでを追うものですが、パキスタン、とくにスワート地方の歴史や風土や文化や宗教といった、背景を濃く知ることも重視しています。そうでなかったら、マララさんの境遇や訴えなどが薄っぺらくなってしまう。また、外国の伝記作品ではけっこうそうなのですが、本書でも、マララさんそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play