わたしはマララ-電子書籍

わたしはマララ

作者名 :
通常価格 1,439円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品は、BookLive!Reader ver2.3.0以降でご覧いただけます。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「すべての子どもに教育を」と訴え、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女・マララの手記。本書は、テロリズムによって生活が一変した家族の物語でもあり、女の子が教育を受ける権利を求める戦いの記録でもある。世界24か国で翻訳の話題作!

ジャンル
出版社
学研
ページ数
448ページ
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ユーザーレビュー

Posted by  Booklog 2016年01月31日

治安の悪い環境でも学ぶことに対する情熱。
恵まれている人は読むべき。
教育を受けられることに感謝を。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2016年01月23日

この本は、マララさんの生まれてからこれまでを追うものですが、パキスタン、とくにスワート地方の歴史や風土や文化や宗教といった、背景を濃く知ることも重視しています。そうでなかったら、マララさんの境遇や訴えなどが薄っぺらくなってしまう。また、外国の伝記作品ではけっこうそうなのですが、本書でも、マララさんそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by  Booklog 2015年09月27日

この話は物語などではなく、今も世界のどこかで起こっている出来事ということに衝撃を受けました。生まれたときから、教育を受ける事が当たり前で、女の人でも意見できる平和な環境で育った私たちには想像もできない環境で育ったマララ。そのような環境にも負けずに人には教育を受ける権利があると声をあげつづけているマラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2015年08月05日

扮装続くパキスタン、女子の教育向上を訴え、タリバンに狙撃されつつ一命をとりとめ、ノーベル平和賞を受賞した十代の少女の手記。現代版アンネの日記といったところ。

日本人からすれば教育水準が低いと思われがちな途上国。
女子は就ける職が限られている。それでも、こんなにしっかりした女の子がいるとは。父親は学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by  Booklog 2015年07月05日

ずっと読んでみたかった本。
マララさんの故郷であるスワート、パキスタンの歴史や、自然、暮らしなどが細かく書かれている。
タリバンなど武装勢力が各地ではびこっているが、腐敗した官僚政治や地震や洪水などの自然災害で、市民が弱っている時につけこんでいるという、背景があることを知った。
同じ現代に、こんな恐...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play