高齢者施設に囲まれた高原の小さな病院。その院長である著者は、日々、多くの85歳以上の超高齢者を診療しているが、苦悩は深い。急速な高齢化により、介護施設の不足は深刻で家族は受け入れ先探しに疲弊する。認知症高齢者の介護問題や、年金不足による経済的トラブルも多い。どうすれば、豊かな老後を過ごすことができるか、そして穏やかな死を迎えることができるのか。老いと死を見守ってきた現場からの貴重な報告と提言。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

超高齢者医療の現場から 「終の住処」診療記

Posted by ブクログ 2012年01月05日

著者はとある総合社会福祉施設の中にある病院の病院長。
患者さんとの事例をもとに、医療・介護保険制度や疾患・障害の解説をされている。とともに、医療現場の苦悶や期待を飾りなく吐露されている。また、制度に対する意見だけではなく、医療や介護サービスを受ける方達に対するメッセージも数多くある。
一般の方にも現...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

超高齢者医療の現場から 「終の住処」診療記

Posted by ブクログ 2012年06月07日

止まることのない高齢者の増加には、多くの問題が存在することを感じずにはいられなくなる一冊。介護者の果てることない苦労や、施設不足、尊厳死とリビングウィルの問題など、現場で活動している筆者だからこそのリアリティある事例と意見を読むと、日本の高齢化社会に対して手をこまぬいてはいれないという考えになる。家...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?