哀しく、それでいて熱い旋律。沢村がつま弾く音に、麗子が目を付けた。麗子は沢村が世話になっているヤクザ者・山城の溺愛する妹だった。麗子は美女の自殺志願者だった。そして、麗子は悪魔だった――。沢村はたった一度の麗子との快楽の代償として、ギタリストの命である指を失った。そればかりか巨大な野獣にいたぶられ、人間としての尊厳をも失った。すべては麗子の罠だった。沢村を指の動かない天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトにするための……。男女の、兄妹の、粘り付くような濃い愛憎を、物語を通して描き切った花村文学の真骨頂!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ジャンゴ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月04日

「エロス」と「バイオレンス」と言うところでしょうか。

ほかに花村萬月作品を読んだのが1つしかないのですが、それも同様に「エロス」と「バイオレンス」でした。

出てくる人物にまともな人がほとんどいないっていうのも面白いです。

ヤクザや芸能プロダクションのボス、近親相姦しているその妹、巨人症のオカマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ジャンゴ

Posted by ブクログ 2014年10月05日

【本の内容】
哀しく、それでいて熱い旋律。

沢村がつま弾く音に、麗子が目を付けた。

麗子は沢村が世話になっているヤクザ者・山城の溺愛する妹だった。

麗子は美女の自殺志願者だった。

そして、麗子は悪魔だった―。

沢村はたった一度の麗子との快楽の代償として、ギタリストの命である指を失った。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ジャンゴ

Posted by ブクログ 2008年05月25日

暗い…!というのが第一印象で、読み終わってもやっぱり救いがなくて、暗い!登場人物が皆奇天烈で、やること全部が狂気じみてる。それが狙いなんでしょうかねぇ。

このレビューは参考になりましたか?

ジャンゴ

Posted by ブクログ 2007年04月06日

グロテスクで暴力的で、救いようの無い暗い淵を覗き込んでいるような気分にさせられます。挫折や絶望、悲しみといったものが攻撃性を持つとこうなるのだろう、という感じ。ただ、人間はこういう面を否応無く持っているのだろうなと納得もします。エグいものが嫌いな人にはお奨めできません。

このレビューは参考になりましたか?

ジャンゴ

Posted by ブクログ 2007年03月09日

気持ち悪い話で、「えー! なんで?」と思わせつつも最後まで読ませる力があります。そして後味も悪い話だったりします。共感できなかったのがしんどかったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ジャンゴ

Posted by ブクログ 2006年06月28日

俺はジャンゴになれない、、、の沢村のセリフがかなり響いた。でも銃は最大のエンタメですね。最初のほうの満月はこれが多い・・

このレビューは参考になりましたか?