●第1章 生きていく上で大事なこと
・強い男は汚れたものを身につけない。
・人は流した涙の数だけ強くなれる。
・寝たところがベッド、出されたものが食事。蓄えのある体をつくりなさい。
・たかがうんち。されどうんち。
・魚は頭から食べる。骨も残さない。人が捨てるところを食べてこそ、たくましい体になれる。
・「大胆」は繊細さの裏返し。トップをきわめるには、大胆さと繊細さの両方が必要です。
・人はいつか背広を着た社会人にならなければいけない。問題はいつそれに気づくか、です。
・世間の風潮に乗せられて、人をもち上げたり、けなしたりするのは卑しい人間がすること。
・男は美学をもって生きなければいけない。
・三途の川を渡っても、向こう岸で合宿している。そういう気持ちで生きていく人たちもいるのです。

●第2章 仕事をするとはどういうことか
・「忙しい」が口ぐせの人とは付き合わない。何をやらせても能力がない人だから
・そこで自分が禄を食んでいるのなら、組織の掟には従わなければいけない
・ほとんどの人間は十六番目の男。でも十六番目の男にこそ、本当の価値がある
・オリンピック選手の辞書に「嫌い」という言葉はない
・誰もが心の奥にメダルをもっている

●第3章 勝つために必要なこと
・オリンピック選手は下痢して勝つのは当たり前。三日寝なくても勝てる。緊張を転嫁する方法を知っているからだ
・「骨で戦う」とき、勝利の神が降りてくる

●第4章 親であること、夫であること

●第5章 自分を向上させるために

■著者 本田大三郎
●1935年熊本県に生まれる。八代高校時代にハンドボール部のキャプテンとして活躍。日本体育大学中退後、自衛隊に入隊、自衛隊体育学校でハンドボール、ラグビーなどの指導にあたる。1964年の東京オリンピックにカヌー選手として出場。「1000m カナディアンペア」に挑戦するも、予選で敗退。その後、世界選手権などにも出場し、現役引退後、ミュンヘンオリンピックではコーチとして選手団に同行した。
●兄の孫は、プロサッカー選手でワールドカップ南アフリカ大会にも出場した本田圭佑。長男はレスリング選手の本田多聞。多聞はロサンゼルス、ソウル、バルセロナオリンピックに連続して出場後、プロに転向した。圭佑が小学生のときからプロになっても書きつづけた「本田ノート」の生みの親として知られる。

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
200ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。