●第1章 本当は誰でも続けられる
・生きていくことは続けること
・続かないと思ったときは「続けるフリ」をする
・「三日坊主」を大いに続ける
・コツコツ続けて「小さなプロ」になる
・ビジネス・パーソンが続けるために大切な三つのこと
・第1章のまとめ

●第2章 何を続けるか、どう続けるか
・目標は小さいほどいい
・計画を立てずに始めれば計画倒れで終わらない
・目標を目の前に置き、一歩一歩の前進を楽しむ
・「できること」と「できないこと」を区別する
・最初から頑張りすぎない
・ほどほどに集中して続ける
・できるだけ細切れにして取り組む
・第2章のまとめ

●第3章 続けるための習慣化の技術
・いま続けていることとセットで行う「ながら習慣」
・基本は一人で始める
・計画を立てるときはできるだけラフに
・自分をほめる言葉は続けるための最大の味方
・通勤・通学電車は続けるための絶好の場所
・自分を大切にする三つの習慣
・第3章のまとめ

●第4章 続けるための常識のウソ
・好きだから続くのではなく、続くから好きになる
・仲間と一緒にやらなくても続けられる
・友人は少なければ少ないほど続く
・逆境をバネにしすぎないほうがいい
・目標を達成した自分の姿を思い描かない
・固い信念が必要だと思わない
・自分をあまり信じないと続けられる
・「要領がいい」よりも「バカ正直」に
・続かないときが、続くチャンス
・第4章のまとめ

●第5章 すごい社長・会社の続ける力
・すごい社長の“世界一の継続力”
・天才とは小さな努力を続ける天才
・自分には厳しく、お客さまには腰低く
・カリスマ性を発揮し続けるには
・悪いことほど早く対処することで会社が続く
・危ういことは続けない
・「1円の利益」を大切にし続ける
・続けるために、変化をする
・第5章のまとめ

●第6章 続けないことが大事なこともある
・やめることも続けること
・やめることが続けることより大事なときがある
・「いつの間にかやめていた」でも大丈夫
・第6章のまとめ

●第7章 それでも続かないときは
・タバコがやめられない
・お酒がやめられない
・ダイエットが続かない
・日記・手帳が続かない
・家計簿が続かない
・ついつい目移りしてしまう
・テレビ、ネット、ゲームの誘惑に勝てない
・第7章のまとめ

■著者 金児 昭

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
174ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「続く」技術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2018年11月04日

・休みながらも、ほそぼそと続けていると、セミプロには及ばないが、“ミニプロ”になれる
・長い年月をかけて、はかない夢のかけらを手に入れる。それが、生き続けてるということ
・「好きだから続けられる」のではなく「続けると好きになる」
・この人になら、何でも話せる。話しても絶対に口堅く口外しない。その人の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「続く」技術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2013年10月27日

物事を続けるための知恵満載。後半は著者の会計や著書についての「続ける」とは関係のない話があるが、何かを続けたいと思っている人には大いに参考になる本。
以下、メモ。
・小さな事を続けること、結果は天に任せる、が続けるためのコツ。p10
・続かないことには理由がある。それを解消すれば続けられる。p11
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「続く」技術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年07月11日

続けることへの一般的な期待に応えているようには感じられないが、頑張りすぎず、身の丈を知り、1円の利益をコツコツと愚鈍に追うイメージは、著者の徳の高さを物語っているように思う。
ふるさとの会社が何度も登場して気になったが、見返しの著者プロフィールで信越科学工業だと分かり、ちょっとしたご縁を感じた。
1...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「続く」技術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年05月13日

ビジネス書だけど地に足がついている感じがする一冊。

p91
真似をしようと思ってもできないから「できすぎる人」なのです。

と書かれているように、小さな一歩を踏み出す勇気をくれる。

このレビューは参考になりましたか?

「続く」技術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年06月14日

「続ける」という事に関する技術を紹介した本。と言う事だが、内容としては、テクニックより、続ける為の心構えや、考え方を中心に述べられている。要は、1年に1回でも数年経てば、「続いている」と言えるぐらい、ゆる~く考えると良いらしい。

このレビューは参考になりましたか?