▼第1章 デキる部下になるための準備体操
●「部下」とはどんな存在なんだろう?
・「誰かの部下」からは卒業できない
・ダメなのは上司だけなのか?
・部下は手であり足である
・デキる部下は惑星目線で考える
●ワンランク上を目指すF・R・Sコミュニケーション
・ホウレンソウで評価される時代は終わった
・分析・考察をつけ加える「フィードバック(F)」
・上司をタイミング良くフォローする「リマインド(R)」
・情報を広く共有する「シェアリング(S)」
・F・R・Sは上司と部下の共通言語
●ダメな部下の3タイプとデキる部下になるための5条件
・「デキない部下」の3つのタイプ
・メンテナンス・フリーな部下を目指せ
・普通の部下から脱け出すための5条件
・デキる上司なんていない?
・目の前の現実を変えるためには

▼第2章 デキる部下の段取り術
~部下は高性能サーチライトであれ~
●どうして段取り力が大事なのだろう?
●段取り上手の考え方を盗もう
●段取り力の周辺にある4つの力
・上司に注意をうながすリマインド力
・情報をスマートに引き出す質問力
・ムダな時間を減らす組み立て力
・段取り力の先にある決断力

▼第3章 デキる部下のモチベーション・コントロール術
~部下はセルフ・ドクターであれ~
●デキる部下は「やる気」とどう向き合っているか?
●モチベーションを下げないための発想法
●モチベーションを安定させる習慣をつくろう
・機嫌が良い・悪いを悟られてはいけない
・習慣1 小さいイベントをつくっていく
・習慣2 仕事にゲーム感覚を取り入れる
・習慣3 嫌な上司と仕事以外の話をしてみる
・習慣4 職場以外の人に相談する

▼第4章 デキる部下のアピール術
~部下はダーツ名人であれ~
●成果をアピールすることは必要か?
●アピール達人のマル秘テクニックを学ぼう
●アピールを成功させる4つのポイント
・ポイント1 客観的に分析する
・ポイント2 自ら改善点についてふれる
・ポイント3 他人を評価する
・ポイント4 成功を公式化する

▼第5章 デキる部下の上司操縦術
~部下は名パイロットであれ~
●上司を操縦するってどういうこと?
●タイプ別 上司を動かすコツ

■著者 小松俊明

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
203ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2009年12月29日

上司も色々あるのだなと思った。
この本を読んだ後から、上司へのリマインドを実践。
いままでのもやもやが、「もや」程度まで減りました。お薦めです。

このレビューは参考になりましたか?

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2008年05月20日

本書は「ひとつ上の部下」「ひと味違う部下」を目指すハウツー本です。タイトルを少し考察すると、「報告」しないわけではなく、デキる部下は普通の「報告」(「連絡」「相談」)ではなく、より上司に有効な「報告」(「連絡」「相談」)をする、というプラスαの要素が記されています。これを本書ではF・P・S(分析・考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年03月20日

基本的にほぼすべての人が誰かの部下になるので(オーナー企業の社長でもない限り、社長にも上司はいる。社長になっても株主がいる)、デキる部下になることが、仕事をスムーズに進行させるには不可欠です。

ただ事実を報告するではなく、上司のタイプに合わせて報告したり、仕事のお膳立てをしておくことにより、周りか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2010年07月02日

ビジネスマナー等で再三でてくるホウ・レン・ソウでは足りないのだそうです。
報告→分析・考察を付け加えてフィードバック
連絡→上司をタイミング良くフォローするリマインド
相談→情報を広く共有するシェアリング
を身につけて、上司が安心して任せられるメンテナンス・フリーな部下になりましょう、という本です。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2009年12月23日

(U)仕事の中で「できる部下」になるには、業務に対する興味を深耕し、本質を見抜くようにして上司の意向に沿う結果をだせるようにすることである。報告書にしても従来の「報連相」から「FRS」に変えるべきなど何を心がければよいのかについて色々と紹介されている。
ちなみに、FRSとは、Feedback,Rem...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デキる部下は「報告」しない(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2009年09月03日

■上司を「お客様」だと意識して接してみる
■F・R・S
F=フィードバック・・「自分なりの分析・考察を加えた報告をする」
R=リマインド・・・・報告すべき事柄に付加価値をつけたもの
S=シェアリング・・・「絶妙なタイミングでする、上司へのフォロー」
■会社では「〜であるべき」という考え方をしない
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?