◆著者のコメント
 チームを任されてマネジャーになったけれど、どうもメンバーが思うように動いてくれない。それでもチームとして結果を出さなければならないから、最後には自分で頑張って数字をあげて、つじつまを合わせるしかない。その結果、チームのマネジメントに手が回らなくなる。落ちついて戦術もたてたいし、もっとメンバー一人ひとりにアドバイスもしたいのだけれど、そんな時間はとれそうもない。
 こう考えてストレスをためこんでいる管理者の方は大勢います。そうしたプレイングマネジャーの方だけでなく、経営者やチームのメンバーにも本書を読んでいただければ、チームや会社のムードは様変わりし、それが大きな成果に結びつくでしょう。


●第1章 なぜチームがうまくいかないのか?
・結果が出ないのか
・プレーヤー業務とマネジャー業務の配分をどうするか?
・勘違いされているリーダーシップの役割

●第2章 リーダー、サブリーダー、メンバーそれぞれが必ずやるべきこと
・チームには役割の違うリーダー役が必要になる
・リーダーは人を動かす技術を身につける
・リーダーが持つ7つの役割
・サブリーダーは、「動けるチーム」をサポートする
・メンバーは、自分で考え、自分で行動する

●第3章 プレイングマネジャーはメンバーをどう動かすか
・どんなチームを目指すのか?
・チームメンバー全員が理解すべき10のこと
・チームを動かすためのマネジメントを理解する

●第4章 結果をだすマネジメント業務の「法則」をマスターしよう
・この法則を使えばチームが必ず動くようになる
・部門方針をつくり、チームの目標を明確にする
・商材戦略をつくり、目標とのギャップを埋める
・戦術をつくり全メンバーを動かしていく
・戦闘は、メンバーが協力して実践することからはじまる
・環境整備なくして、「業績をつくる法則」は完成しない

●第5章 五つのマネジメント業務をどう実践・運営するか?
・チームマネジメントをうまくいかせる五つのステップ
・商材戦略の具体的なつくり方とメンバーの役割
・戦術の具体的な組み方とメンバーの役割
・戦闘の具体的な方法とメンバーの役割
・軌道修正の具体的なやり方とメンバーの役割
・反省が、次の仕事で動きやすい環境をつくる
・「1カ月マネジメント」のくり返しを実践しよう

■著者 小池浩二

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
207ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年02月19日

著者は、大手コンサルティング会社入社後、中小企業専門の経営コンサルタント集団として、マイスター・コンサルタンツを創業。実践に基づいた中小企業成長戦略のシステムづくりを旨とし、これまで1000社以上に関わり経営診断・経営顧問・研修等を実施してきた。

著書に「なぜ会社がうまくいかないか?」「売上を1ケ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2014年01月11日

チームリーダー論、マネジャー指南書というよりは、チームの在り方、個々のメンバーの位置づけについての理解が深まる。チームリーダー、サブリーダー、メンバーの役割についての考え方は周りにも知ってもらい共通言語にしたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事術(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2011年02月28日

■リーダーシップ
1.リーダシップとは、「リードするスキルのこと」「周囲を引っ張ること」「周囲を巻き込んでいくこと」
2.リーダの役目:依存体質をチームから取り除く。社会の変化に仕事の質を合わせる。
3.3段公式:1.目標 2.確定分 3.差額

このレビューは参考になりましたか?