●Part1 「男のほうがバカ」は本当なのか?
・なぜ男は「単純」だと言われるのか
・女の話に筋が通っていない理由
・女がパニックに弱い理由
・一度に1つのことしかできない男
・「なんでも聞いてくれ」と言ったのに、いざ聞きに行くと怒る男
・男の情報収集の落とし穴
・男の買い物、女の買い物

●Part2 「男」の進化と「女」の進化
・進化から見た男女の違い
・的は狙わずにいられない男
・距離感がすぐれている男
・本当は地図すらいらない男
・本当のグルメは女
・女がおしゃべりな理由
・隅々まで見る女
・小さな変化を見逃さない女の識別能力
・見えている世界が違う男と女
・父親が娘に嫌われる理由
・女ににおいフェチが多い理由
・一夫多妻は「あり」か「なし」か
・クジャクの羽はなぜ派手なのか
・右の胸が大きい女、左の胸が大きい女
・男がネオン街に弱い理由
・女が宝石を愛する理由

●Part3 愛でセックスを買う「男」・セックスで愛を買う「女」
・意識せずに男を惑わす女
・女はなぜ、好きでもない男とデートするのか
・セックス(=目標)のための投資
・愛情の投資を長続きさせる方法
・男が女に惚れる4つのパターン
・体の関係を持った後
・―男の場合―
・体の関係を持った後
・―女の場合―
・異性の判断は結局、外見重視

●Part4 「男」の仕事と「女」の仕事
・ルールを絶対視する男、ルールを勝手に変える女
・裏技をたしなむ男、裏技を理解できない女
・男は大器晩成、女は早熟
・男は放置、女はメンテナンスが大切
・結果重視の男、プロセス重視の女
・男の子は素直にさせ、女の子は褒めよ
・上下関係に厳しい男、上司と対等に接する女
・袋とじが好きな男、おまけが好きな女
・結論を先に言いたい男、結論は最後に言いたい女

●Part5 「男」と「女」がうまくいくには
・女が急に不機嫌になる理由
・たったひと言で女の機嫌はよくなる
・女の「相談」に乗ってはいけない
・考えてから話す男、話しながら考える女
・欠乏感が男の原動力になる
・いつの時代も男は稼ぎ、女は使う
・ギャンブル好きな男、小銭稼ぎが好きな女
・掃除嫌いの男に掃除をさせる方法
・すぐに打ち解ける男、意外と人見知りな女
・女は会話で「共感」を求める
・男は話の中で相手に勝とうとする

■著者 織田隼人

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
228ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2012年03月09日

息抜きになった本。自分はもちろん男性であるから、男性の目線で読んだのだが、楽しめたは楽しめた。
ただし、「ちょっと女性を擁護しすぎじゃねぇか?w」と、その目線からは思えた。
いくら「女性の非論理的な部分を論理的に説明しよう」ということがあったって、「そんな無茶な!」というところがチラホラ。

まぁそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女(あさ出版電子書籍)

Posted by ブクログ 2011年01月03日

けっこう面白かった。男と女の思考方法が根本的にちがうという前提のもと、実例をあげつつ進行している。女上司がプロジェクトが進行している中で指示が変わってイライラというのは教授が完全にこれだったのであるある話だった。

こういう話ってよく読んでその時は納得するけど、実践はしないからいつまでも自分に実のあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?