うさぎ姫の薬箱1 で、出た~! あやかしだらけのおそろし薬房【ミニ小説つき】

うさぎ姫の薬箱1 で、出た~! あやかしだらけのおそろし薬房【ミニ小説つき】

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【コバルト特区新作総選挙でシリーズ化! 特典ミニ小説つき!!】奈良の薫りが残る平安初期――。玉櫻咲良(たまざくらのさくら)は、この春に医学を修めたばかり。年中、鼻炎に悩まされており、花粉にやられて目も赤くなるため、「うさぎ姫」とからかわれるような、ややまぬけな医師(くすし)の卵である。生まれつき霊力のある咲良は、この度、呪禁師(じゅごんし)として妖(あやかし)たちの診察や施薬にあたることになる。だが、相棒となる火夏(ひなつ)は美形だが愛想が悪く、そのほかの仲間もクセのある顔ぶればかりで…!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年12月20日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

うさぎ姫の薬箱1 で、出た~! あやかしだらけのおそろし薬房【ミニ小説つき】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年07月06日

    平安初期。この時代に女性で宮中にお勤めって難しいように思いますが、男装ではなく、女性の格好で元気にお勤めしている咲良がかわいいです。

    火夏も美少年って感じで愛想はないですけど、最初は毛嫌いしていた咲良に惹かれていって、そんな自分にいらだっているところはなんかかわいいです。

    お話的には、二人の元に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月13日

    13年6月刊。総選挙候補作。
    作者さんいわく、切なさ、純愛、甘酸っぱいを意識したそうです。

    妖が出た~、という感じでもなかったけど。まあ、確かにたくさん出てはいた。逆に木の精、比丘尼、蝶を育てるのに執着した青年など、出しすぎて、それぞれをじっくり読みたかった気もするけど、キャラクターの気持ちは印象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年09月29日

    シリーズ1巻目。
    ここでのレビューが良かったので購入。「で、出た~!」の副題にちょっとえっ!?って思ってて未読でした(笑)でも読んでみたら結構面白かった!
    主人公・咲良と火夏の淡い初恋模様に甘酸っぱさを感じ、人と妖との深い恋愛模様にグッとした切なさを感じた。
    咲良と火夏は呪禁巫医なので薬で人やあやか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

うさぎ姫の薬箱 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • うさぎ姫の薬箱1 で、出た~! あやかしだらけのおそろし薬房【ミニ小説つき】
    【コバルト特区新作総選挙でシリーズ化! 特典ミニ小説つき!!】奈良の薫りが残る平安初期――。玉櫻咲良(たまざくらのさくら)は、この春に医学を修めたばかり。年中、鼻炎に悩まされており、花粉にやられて目も赤くなるため、「うさぎ姫」とからかわれるような、ややまぬけな医師(くすし)の卵である。生まれつき霊力のある咲良は、この度、呪禁師(じゅごんし)として妖(あやかし)たちの診察や施薬にあたることになる。だが、相棒となる火夏(ひなつ)は美形だが愛想が悪く、そのほかの仲間もクセのある顔ぶればかりで…!?
  • うさぎ姫の薬箱2 おそろしや最凶巫医のお出ましだ【ミニ小説つき】
    【コバルト特区新作総選挙でシリーズ化! 特典ミニ小説つき!!】呪禁師(じゅごんし)に任官されてから一か月あまり――。医師(くすし)としてはひよっこながらも、相棒の火夏(ひなつ)と一緒に、咲良は充実した毎日を送っていた。人と同じように、病や怪我、そして恋に悩む妖(あやかし)たちの助けとなれることに喜びを感じるのだ。そんなある日、一人の美少女が咲良を訪ねてくる。花崗(みかげ)と名乗る少女は突然「呪禁師の座を私に譲ってよ」と言い放ち…!? 一方、花崗が男であることを見抜いた火夏は……!?
  • うさぎ姫の薬箱3 誓いの神酒は毒か薬か
    【巻末にまんがも収録!】冬の京では、疫病が広がりつつあった。咲良(さくら)と火夏(ひなつ)は玉兎堂で自分たちの仕事をこなしていたが、ある日、火夏が変調をきたす。神気と霊力が著しく弱くなり、呪禁巫医(じゅごんふい)としての仕事ができなくなってしまったのだ。火夏の父から「咲良の父は魔性のもの。火夏の変調は、咲良の近くにいすぎたせいだ」と聞かされた咲良。苦しむ火夏の姿を目の当たりにした咲良が選んだ道とは…!? 涙の完結巻…!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング