ロングセラー改訂版。ディベートは相手を叩くものではなく、よりよいコミュニケーションを補強するもの。日本人が苦手とされるディベートの仕組みを、第一人者が徹底的に解説。論理的な考え方や問題の本質を見抜く力が身につく「ディベート思考」の基本がわかる、骨太な一冊。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

図解 ディベート入門

Posted by ブクログ 2013年06月17日

自分の人生を変えた経験の一つに、英語ディベートがある。

多角的思考や批判的思考に加え、情報活用能力も欲しいと思ったのはこの経験があったから。今の職業選択にも繋がっている。ディベートのエビデンス収集に来る学生のサポートが出来るようになったことはとても嬉しい。

本書では「相手を言い負かす議論」のイメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

図解 ディベート入門

Posted by ブクログ 2015年06月19日

後半なんかグダグダになりますが、主張、証拠、梃拠のトライアングルを意識して、攻撃、防御するんだな、という事は理解できた。
練習しないと咄嗟には出てこないよなぁ。日頃からこのトライアングルに当てはめてみないと。

主張 言いたい事
証拠 具体的な裏付け
梃拠 動かざるじじつ

証拠と梃拠の具別がいまい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

図解 ディベート入門

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月23日

同著者の「2時間でわかる・」より分かりやすい。内容が洗練された。
図も適切で分かりやすい。
例も分かりやすい。
面白かった。

※5つの要素に注意して聴く
哲学
定義
問題分析
プラン
メリット

※データベース六角思考
(知的)1石 分析的論理
    2風 現実的論理
(情的)3火 自愛的論理
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

図解 ディベート入門

Posted by ブクログ 2011年07月06日

ディベートをする際に
・言葉をはっきり定義づける
・主張、証拠、理由。
・理由には2種類あって。見えない事実や動機のようなものと、明白な証拠から成るもの。
・まず証拠を攻撃し、続いて理由を攻撃し、第三に主張を攻撃する。
・初級者は証拠などの点を攻撃する。中級者はそれぞれの間の関係という線を攻撃する。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?