乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか
作者名 :

1巻配信中

価格 2,073円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

●世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。
●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。
●プラント教授は、最初に乳がんになったあと、ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。
●プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。
──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。

ジャンル
出版社
径書房
ページ数
316ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2008年10月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2018年10月11日

バセドウ病をきっかけに高タンパク高カロリーな食事を続けていた。 週に2L牛乳を飲み、毎日肉を食べていた。 食後のスイーツも欠かさなかった。 1年ちょっとで乳がんの宣告をされた。 著者は乳がんの再発を何度も繰り返していたが、動物性タンパク質を一切摂らないようにしたら、再発が止まったという。 著者になら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2011年07月24日

読む価値のある本。読んだ上で、牛乳を摂取するか否かは自己判断でよいと思う。

筆者は下記理由から、乳・乳製品・乳牛の肉を摂取する事は、発癌リスクを高めると言っている。
・インスリン様成長因子(IGF-1)は細胞の分裂・増殖を刺激。ガン細胞の増殖にも関与→乳・乳製品・乳牛の肉に含まれる。
・IGF-1...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2011年02月21日

乳製品に警告している本で、著者は地質学者であり再発乳がんを克服した人です。ここに書かれている内容は乳がん患者としてはかなり衝撃的でしたが、その理由について自分の体験を交えながらも学者さんらしくデータを揃えきっちり説明してくれていたので、納得しながら読めました。著者自身が実践した乳がん克服法も具体的で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2009年04月22日

昔から牛乳を飲むとお腹ゴロゴロ、においも苦手でしたが、健康食品の代表のような牛乳が苦手というのは悪いような気がしてがんばって飲んでいました。大人になってからは「あんな大きな牛の乳をありがたがっておいしいと飲む方がヘン」と、おいしいと思えない(けど飲まないといけないような気がして)ときどき負け惜しみを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2011年03月23日

データとつき合わせて自分自身のがんと向き合いつつ牛乳が原因で乳がんになるという話は、説得力がありかつ恐ろしい。
自分も牛乳の摂取を控えようと思いました

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月18日

著者は英国の科学者であり、元乳がん患者(再発4回)です。科学者の視点から乳がんの原因を研究した結果を、乳がん患者の立場から綴っています。
この本の要旨は以下の三点。
・著者の乳がん発病から完治までの経緯
・乳がんの原因の研究結果と見解
・「プラントプログラム」

「プラント・プログラム」とは、著者が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

乳がんと牛乳  がん細胞はなぜ消えたのか

Posted by ブクログ 2013年01月02日

 速読の研修で「牛乳は体に悪いから飲むな。この本がよく書いてある。」と言われ、本当かどうか読んでみた。
 乳がんになりながら牛乳・乳製品のすべてを絶つことで克服に成功した体験と、他分野ながら研究者としての見識を交え、非常に論理的に「牛乳は飲むべきでない」ことを解説している。牛乳だけでなく、一般的には...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?