小説 カノジョは嘘を愛しすぎてる

小説 カノジョは嘘を愛しすぎてる

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あのメロディーが嘘のはじまりだった。

「付き合い始めたあの頃、僕はこれっぽっちも君のことが好きじゃなかった。全部嘘だった」――
 サウンドクリエーターの小笠原秋は、圧倒的な人気を誇る4人組バンド「CRUDE PLAY」(クリプレ)の元メンバー。メジャーデビュー決定後に脱退し、いまはクリプレの楽曲を手がけている。
 青果店を営む親のもとで育った小枝理子は、クリプレの大ファンの、16歳の女子高生。歌うことが何より大好きで、クラスメイトとバンドを始めたばかりだ。
偶然出会い、付き合い始めた秋と理子。でも、理子に声をかけた時、秋は苦しくて、何かにすがりたくて――
「正直、カノジョに声をかけたのはただの気まぐれで、ぶっちゃけ誰だってよかった」
“嘘”から始まったせつない恋の行方は……。
『僕は妹に恋をする』『僕の初恋をキミに捧ぐ』の青木琴美が描く、大人気ラブストーリーの映画版を完全ノベライズ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
192ページ
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

小説 カノジョは嘘を愛しすぎてる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    個人的には、秋と理子の恋は、どこの小説にもありそうでつまらなかった。

    けれど、心也がバンドで幼なじみばかりの中、なかなかとけこめていないところに感情移入して、楽しかった。

    映画も見てみたいとおもったo(^o^)o

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

    人気コミックの映画版ノベライズ。天才サウンドクリエーターと歌うことが好きな女子高生との嘘から始まった恋の物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    帰りの新幹線の中でさらっと完読。
    少しひりっとするような懐かしい感じは、やっぱり10代後半から20代前半なのね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月07日

    有名バンドの演奏は別の人が行っている。すごい作曲の才能を持ちながら悩み続ける秋。彼らを操る事務所の高樹。
    肩書を知らずに出会う理子と秋。その理子も売りだそうとする高樹。
    理子のスキャンダル?を庇うために、高樹のいうことを聞き、黙って別れる秋。
    ここからってところでおしまい。何か足りない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています