同居していた恋人が出て行った。出て行けと言ったのは私だ。あんなに泣いた晩はない。(「裸にネルのシャツ」)母ちゃん、脳卒中で死んだんだって? 自殺が趣味みたいな人だったのに(「表面張力」)会うのも会わないのも、決定権はいつも相手にある。(「片恋症候群」)永久に続くかと思ったものは、みんな過去になった。物事はどんどん流れていく――。数々の喪失を越え、人が本当の自分と出会う瞬間をすくいとった、珠玉の短篇集!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2016年09月04日

ドーナッツ・リングという作品がとてもよかった。人生に起こる些細なことのすべてがドラマなのだと教えてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2013年11月13日

どこにもなくなったなにかが、あったことを思い出すあの気持ち。ネルシャツの話と指輪の話がすごくよかった。

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2011年09月09日

ひさびさに読んだ山本文緒。
初めてこの本を読んだ時、わたしはまだ高校1年生くらいだったと思う。

その頃何度も何度も読んで、ストーリーもほぼ覚えているはずなのに、
それでも今再び読んでみると、
心が抉られるような、いとおしいような、不快なような、
そんな気持ちが褪せることなく沸き上がる。

むしろあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2019年01月23日

それなりに懸命に生きている人たちだが、何かにしがみついてしまう、そして何かを失ってしまう危うい感じが満載。それぞれの心の底に横たわる淋しさが、あざとくない筆致に絡められていて、どの登場人物たちにも惹きつけられていく。結論の引き方も、余韻を残しつつ、でも絶望だけではない感じに救われる。

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2015年04月06日

山本文緒さんの作品、好き。
読者層の大半は女性なんだろうけど、なぜか登場人物の心情にわりかし共感できる。

各話の結末、オチを読者にいい塩梅で委ねるのも
安っぽくなくて、考えさせられて気持ちいい。

恋愛も人生も一筋縄ではいきまへんなー(20代男性)

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2014年10月14日

各ストーリー内で喪失のあとにもどこか前向きで重苦しさがない。一方で、私は何かを失くして後悔して執着して…。
いずれ、失くしたことも忘れて、毎日が回っていくんだろうか。ある意味、希望を見出せるような短編集だったけど、今の私にはうまく消化できません。
この歳で失恋をして本を読み漁っています。

再読
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2014年06月26日

再読。10年以上前だと思います。

暗いなあ、心がキュッと痛くなって辛いなあと思っていたら、「喪失」がテーマだったそうで。
なるほど痛くなるわけだと思いました。

表題作と、ドーナッツ・リングが好き。
ハムスターはちょっとオチが苦手だけど、その他はみんな良かった。

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月18日

針に糸を通すかのような、繊細さに驚いた。経験をある程度積んだ30代(くらい)の内面が描かれている。
主人公たちは経験を積んでいるから、あれこれ考える。
その描写がまた細かい。


・好きな後輩のことを追いかける女性社員
・財布を忘れて動転する新婚女性
・女子大生とのやりとりを通じて過去の想いと決別し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2012年12月19日

なにか失くすと、もうダメだーって肯定的になれないけど、登場人物たちは失くした先になにか見つけていく。答えが描かれて訳じゃないけど、失くした先に大切なことが見えるかもしれないと思える作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

みんないってしまう

Posted by ブクログ 2012年09月06日

切ない短編を 緩く募集して紹介いただきました。

知らない感情もポツポツ落ちてるので何とも言えないのもありました。

印象に残ってるのは
表面張力
いつも心に裁ちバサミ
愛はお財布の中
みんないってしまう
イバラ咲くおしゃれ道
片恋症候群
泣かずに眠れ
あたりです。

みんないってしまう が表題にあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?