戸隠は昔から数多くの伝説を生み、今なお神秘性に満ちた土地だ。長野実業界の大物、武田喜助が〈鬼女紅葉〉の伝説縁の地“毒の平”で毒殺された。戸隠村“矢立神社”では男女2人が背中に矢を刺されて殺された。そして第3の殺人が……。約四十年前の事件と現代のこの忌わしい殺人事件が細い糸で繋がれた時、明らかになる意外な事実とは!“信濃のコロンボ”竹村警部が難事件に挑む本格伝奇ミステリー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

戸隠伝説殺人事件

Posted by ブクログ 2011年09月30日

戸隠の鬼女伝説になぞらえた連続殺人事件。動機は最初から提示されておりサスペンスのようでもありましたが…実行犯が誰かなかなか分からなくて面白かったです。ここまでの内田先生で一番楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

戸隠伝説殺人事件

Posted by ブクログ 2012年09月05日

戸隠神社に行ったばかりなので、土地勘がある。
土地勘があると読んでいて楽しいよなーと思って、借りた本。
内田康夫さんらしい設定。
そして、最後も。
内田康夫シリーズは好きなのだけど、最後がこういう結末になるパターンが多くて、それが少し残念。。
でも、戦時中は、人間が人間の心をなくしていたと思うから、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?