「公正中立」な視点という共同幻想に支えられながら、撮り手の主観と作為から逃れられないドキュメンタリーの虚構性と魅力とは何か? 情報が「正義」と「悪」にわかりやすく二元論化され、安易な結論へと導かれる現代メディア社会の中で、ドキュメンタリーを作る覚悟と表現することの意味を考察したエッセイ。自らの製作体験や話題の作品を分析しつつ、自問と煩悶の末に浮き彫りにした思考の軌跡。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月11日

ある視点にはその人物の恣意性が絶対に付いてくる.
恣意性を排除することはできないが、その事には常に自覚的でいないということを繰り返し教えてくれる.
誰かを傷つけているという自覚や覚悟無しに自分の意見は表明できない.

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2012年02月05日

唐沢なをきのNHKやらせ騒動の件やイルカ漁などを髣髴とさせるタイトル。ドキュメンタリー作家が、ドキュメンタリーとは何かを自伝とともに。コラムの途中で、森氏自身の経験と意見が織り込まれ、大変生々しく、始終スリリングで目が離せない。ただ、タイトルとは違って"ドキュメンタリーの敗北"に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2011年08月26日

想田監督作品から始まった私のドキュメンタリー映画への道。
森さんのドキュメンタリーへの熱い想いを伺いしり、ますます深みにははまって行きそうです。

世の中は、割り切れないことばかり。しかし、現在のマスメディアはいろいろなことを単純化しすぎている。
それは社会自体にも当てはまる。
森達也氏の指摘をもっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月14日

公正中立、客観的、わかりやすい報道…

テレビにおけるこれらの美麗文句を疑ったことがあるだろうか。またテレビやドキュメンタリーに対してこれらを掲げて批判をしたことはないだろうか。

筆者はこれらの美麗文句をすべて幻想であると切り捨てる。ドキュメンタリー、いや映像の産物はすべて作為的なものであり、表現...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2009年05月09日

2009年59冊目。安易な二元論を排し、悩んで悩みぬいて結論を留保することもある森達也さんの著作です。この人の考えには全面的に賛同することはありませんが、誠実に考え続け、考え続けようとする姿勢は学ぶものがあります。

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2012年03月11日

テレビではどの局も、情報が分かりやすく結論も決まっているかのように、同じような内容を伝えられている。そうした日本のメディアの問題を捉えている。タブーを映像化してきた森達也さんのドキュメンタリーに対する姿勢が理解できる本。

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2012年02月23日

森達也のドキュメンタリー論とでも呼ぶのが正しいのだろうか。

たしかに本書に書かれているように、「ドキュメンタリー=公正なもの」という意識は我々の中に根付いている。
ただ、実際は監督の意思にそって進められている映像作品であり、それが正義だとは限らない。
しかし、観ることで自分のなかに問題定義を呼びか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2012年01月01日

ドキュメンタリーのマニアックな話(巨匠やその代表作の偉大さ)に多くのページ数が割かれ、かつ文章が冗漫であるため、読むのに時間がかかったが、核となる主張は以下の通り

■ドキュメンタリーは決して客観的事実の蓄積ではなく、あくまで主観に基づいて創作された、自分本位な「作品」

■すべての映像は主観基づい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2009年08月15日

簡単に「わかったふり」をするのであれば、他者から馬鹿にされても「分からない」と言い続ける勇気を持とうと思いました。

若干、森さんの「ドキュメンタリー論」みたいな歴史変遷?の話は一回だけでは理解できなかったけど、後半の9.11のこととかがショッキングでした。

このレビューは参考になりましたか?

それでもドキュメンタリーは嘘をつく

Posted by ブクログ 2008年12月03日

読みたい。

少し前に興味あり。12/2 本屋行ったがなかった。


その後、読んだ。9/28か9/29完

このレビューは参考になりましたか?