親子四代、総勢9人という現代では珍しい大家族に嫁いだ法子。まだ他人の法子にとって、初めて知る大家族とは、暖かくお互いが理解し助け合う最高の絆であった。だが、ふとしたきっかけから、法子は家族の表面的な優しさの奥に潜む奇妙な人間関係、謎の多い行動に気付き、ひとり調査を始めた――。“本当の家族になりたい”と切に願う法子によって、次々と解き明かされてゆく真実の家族の姿とは……!?家の呪縛、血の絆まで描ききる本格サイコ・ミステリー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

暗鬼

Posted by ブクログ 2012年01月12日

最近本棚の整理を決意。
以前買って読んだんだけど、処分するか否か?という審査を始めた。

要するにもう一度、残すかどうかという観点でしっかりと読もう、というもの。

乃南作品は、さらさらと読めるんだけど自分の中では評価があまり高くはなく。
標準点以上ではあるんだけど図抜けた作品はないというか、残らな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月03日

正直、主人公の法子の性格が嫌い。
最後、不幸になればいいと思い読み続けていたが、最後は客観的に見れば不幸?って感じだが、法子本人はとても幸せだろうという不思議な終わり方だった。
不幸になればいいと思っていた私も喜んでいいのやらどうなのやら。

とりあえず、先が気になって早く先が読みたいと思えた小説で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2008年10月15日

洗脳ってこんなふうにされていくんだ・・・と背筋が寒くなった。
どうにかして逃げ出すすべはなかったのか。

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2017年01月30日

うーん。
読んだ後の後味が。。。
決して悪いわけではないけど、背筋がムズムズする感じ。
初めから「これは変だ!」「あぁぁ!?!」
と思うことばかり。
やばくなった所で知美が登場。
これでなんとか…と思ったのもつかの間、
どんどん洗脳されていく法子。

最終的には知美まで。。。
でも、個人的には、ちょ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2012年10月23日

「心の中に鬼が‥」
どんなラストを迎えるのか、読んでいる間中色々考えていた。
しかしまさか、こういう結果になるとは想像していなかった。
途中までの法子の感情が理解できた分、ラストにはゾッとした。
心情の移り変わりが丁寧に伝わってくる。
ただ中盤、少し冗長に感じた。
まったく、いつも思うことだけれど、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2009年06月13日

◆あらすじ◆
親子四代、総勢九人という現代では珍しい大家族に嫁いだ法子。
まだ他人の法子にとって、初めて知る大家族とは、暖かくお互いが理解し助け合う最高の絆であった。
だが、ふとしたきっかけから、法子は家族の表面的な優しさの奥に潜む奇妙な人間関係、謎の多い行動に気付き、ひとり調査を始めた───。
&...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2008年05月22日

『読んだ事ない作家・ジャンルを読もう』の試み。
サイコ・ミステリーって粗筋に書いてあったけども、サイコ・ホラーだよ……!!
読むと結婚したくなくなる本、なのだけども、『家族』の絶対君主たる大ばばちゃんに何か妙な魅力を感じてしまう不思議。
後味はそこそこに悪い。

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2007年10月28日

怖かった。大家族に嫁いだ主人公が、家族の優しさの奥に潜む奇妙な行動に気がつき調べていくが、いつしか自分もその家族の奇妙な一員になっていく。怖かった。

このレビューは参考になりましたか?

暗鬼

Posted by ブクログ 2006年06月22日

大家族に嫁いだ法子。その家族には大きな秘密が・・
徐々に洗脳されていく法子。
純血を守る為、代々近親相姦をくり返す家族。
狂ってます。
私だったら絶対逃げ出してます。

このレビューは参考になりましたか?