人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている──。 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはずの名画が描き出される事件が起こる。 『 Der Kunst Ihre Freiheit! (芸術に、その自由を!)』 絵とともにそう書き残していく<アート・テロリスト>を、人々は敬意をこめて「破壊者(ヴァンダル)」と呼んだ。 政府を敵に回すという危険を冒してまで彼らが絵を描く理由とは。そして真の目的とは──? 第16回電撃小説大賞、<金賞>受賞作!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ヴァンダル画廊街の奇跡
    通常版 1巻 615円(税込)
    人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている──。 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはずの名画が描き出される事件が起こる。 『 Der Ku...
  • ヴァンダル画廊街の奇跡2
    通常版 2巻 615円(税込)
    父の遺志を継ぎ『誰かの心の中の絵』を描くため、世界を旅するエナたち『ヴァンダル』一行。しかしそんな彼らをあざ笑うかのように、過激派の反政府組織『DEST』が絵を用いたテロ活動を実行に移し始める。...
  • ヴァンダル画廊街の奇跡3
    通常版 3巻 702円(税込)
    「── 四枚の絵が揃った時、世界に審判が下る」 絵画を掲げる事によって、混乱を振りまこうとするアンノウン。ヴァンダル一行は、彼の目的を知るためのカギがエナの母・イソラの研究内容にあると推測し、行...

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2012年10月14日

 人は誰もが、
 心に一枚の絵を持っている――。

 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはっずの名画が描き出される事件が起きる。
 『Der Kunst Iher Freiheit!(芸術に、その自由を!)』
 絵とともにそう書き残してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡3

Posted by ブクログ 2010年11月27日

綺麗に終わったかな。題材とか新鮮で面白かった。

欲を言えば、1巻の形を続けて欲しかったんだけど。

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2010年10月06日

良い意味でライトノベルらしく無い。
でも、光や色彩の描写のうまさと、優しい話がうまくマッチしてて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2010年03月15日

こちらは第16回電撃小説大賞金賞受賞作です。思わず手に取り読んでみましたが、世界観が綺麗で、各章完結というスタイルも作品にあっている。また、取り扱っているのは有名な絵画であるが、各章のタイトルに絵画名、その裏にはその作品の詳細がかいてあり、絵画がわからない方でも大丈夫なようになっています。内容として...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2010年03月01日

いい話。あまりラノベっぽくない。頑張れば一般文芸でも通じそう。私には絶対書けない世界観の話。ノーモアベット!

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2013年09月17日

美奈川護のデビュー作。

メディアワークス文庫に移籍したのはやっぱ正解だったなあと、いや悪いとは云わん(終章はベタだけどけっこう来るものが)がやはり設定に無理がありすぎると思うの。

ちなみにサイボーグと少女とカジノの話はさすがにやり過ぎだろと思ったんだがマルドゥーク・コーポレーションなあたりもしか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2011年04月23日

ただ絵を描くだけのアートテロリストというのは面白い。
心の中に誰でもひとつの絵を持っているだとか、
印象的な言い回しがあって素敵だった。
印象的なシーンは多いが、
ストーリーのオチが微妙な気がした。

続編ないと思ったら、続編があって驚いた。
ただ続きを読もうとは思わない。

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡3

Posted by ブクログ 2011年02月18日

題材はすごく好みで内容も楽しめたのだが、パンチが弱いのと結末が少々尻切れになってしまったのはもったいないなと。

全ての話が流れすぎてしまい、収束させるときにその残り香でなんとか終わらせたという印象。あと少しでもクッションをはさめていればより最後の展開に盛り上がりが見せられたのではないだろうか。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡

Posted by ブクログ 2010年12月11日

絵画が規制された世界で禁断となった過去の名画を街に描くアートテロリスト「ヴァンダル」を巡るお話。

そのライトノベルというより一般文芸作品的語彙使いもあいまって、なんというか、非常に精緻な、でも、静謐な絵画を見せられたような気になった。
悪くはない。でも……

このお話の主人公は少女エナだと思うのだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヴァンダル画廊街の奇跡3

Posted by ブクログ 2010年11月19日

3巻にてシリーズ完結。ほとんど思いつきだけで描いてるような作品もある中で、絵画、プロパガンダ、などの扱いにくい素材で無事完結した点は評価している。ただ、この巻で広げた風呂敷はあまりに大きくて、結果あっけない一言で幕切れとなった。また1巻で登場したキャラクタ以上に世界が広がらなかった感じがするのも今ひ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?