深夜の駅。 人気のないコインロッカー。 そこで一人の少女が闇に引きずり込まれ姿を消した――。 人は死ぬと “異界” に落ちる。 それがこの世界のルール。 だが、未練を残して “異界” に落ちた魂は、異形の姿となり現世に戻り、世界の侵食を引き起こす。 失踪中の兄から届いた手紙により、世界のバランスを保つ “異界使い” の存在を知った霧崎唯人。 兄の行方と少女の失踪の謎を追う内に出会う、“闇” の世界。 狩る者と狩られるモノ―― 狂気に満ちた饗宴の後に、暴かれる真実とは……。 深紅の悲しみに彩られたサイコミステリー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • under 異界ノスタルジア
    通常版 1巻 615円(税込)
    深夜の駅。 人気のないコインロッカー。 そこで一人の少女が闇に引きずり込まれ姿を消した――。 人は死ぬと “異界” に落ちる。 それがこの世界のルール。 だが、未練を残して “異界” に落ちた魂は、異形の...
  • under2 異界イニシエイション
    通常版 2巻 680円(税込)
    夜に紛れ、彼らは静かに扉を叩く。耳を傾けてはいけない。その声は、心を惑わせるから。決して、開けてはいけない。その手が差し出すのは、悲劇だけだから。彼らの名は『グリムザール』――異界の深淵を覗く...

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2011年07月10日

4.5……4.6って感じですが、四捨五入で★5って事にしておきます。
悲しみと狂気に彩られたサイコホラー、これはもう買うしかないだろうと。

そう……ですね、喩えを使わずにこの作品を紹介するのは難しいです。
ホラーな世界観、西部劇のような登場人物。
陰惨で暗鬱で、下劣な本質を惜しみなくさらけ出した演...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2009年04月12日

SFでホラー?でしょうか。異界というモノが存在して、生き物の魂が集まる場所?みたいな感じ。
レム、普通に可愛いです。個人的には戒人が一番好きでした。

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月07日

異界の概念が面白い。矛盾なく世界を構築するのは難しい。どんでん返しが、インパクト薄かった気がする。もったいない。会話がわざとか、古臭い、あるいはアメリカナイズされた言い回しがあって、あんまり好きじゃない。でもキャラは立ってるし、世界観は素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2008年08月13日

系統としてはMissing系のホラーに切なさを足したような、と言いましょうか。
甲田さんの感傷を取り除いた恐怖と違い根底に哀愁を敷いたような切ない怖さです。
うーん説明しづらいな。今のところ既刊1冊のみなのでぜひ読んでいただきたい。

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2008年05月09日

第14回電撃文庫大賞銀賞作品。
この作品は作者さんが空想だけで書いた作品と言うことで
まったく取材などをしてないようで、想像力が凄いです。
序盤はホラーっぽいので夜読むのはあまりおすすめできません。
多少ぐろいかもしれませんが、異界に関する話は面白かった。
やっぱり最後はひねりを入れてフィニッシュ。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2011年02月24日

便所王子にかなり笑わせてもらった。

少々気持ち悪い(描写的な意味で)けど、割と面白いと思う。そして、便所王子にそこに至るまでまるで気づかなかった私は、作者の上手い罠に嵌ったのか、それとも、単に読解力がなかったのかどっちだ。

このレビューは参考になりましたか?

under 異界ノスタルジア

Posted by ブクログ 2008年02月23日

設定が飲み込めるまでちと時間がかかる気がしなくもない、独特の世界で繰り広げられるお話。ベースは現代日本ですが。
最後の最後でそうくるか!と言うどんでん返しに唸った…これは構成も巧いですね。最後まで話に飽きない。
ただしキャラのセリフが過激なので(笑)免疫のない方はどうでしょう…高校生以上向け、くらい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?