皇子サイファカール“地方長官”拝命。「アル=アラは辺境防衛の要。外敵の侵略を見事食い止めてこいよ」「勅命、謹んでお受けいたします(実質、島流しだね)」――政争、謀略の逆境から始まる英雄戦記が開幕する!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2013年12月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ロムニア帝国興亡記I ─翼ある虎─
    通常版 1巻 626円(税込)
    皇子サイファカール“地方長官”拝命。「アル=アラは辺境防衛の要。外敵の侵略を見事食い止めてこいよ」「勅命、謹んでお受けいたします(実質、島流しだね)」――政争、謀略の逆境から始まる英雄戦記が開幕...
  • ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─
    通常版 2巻 626円(税込)
    帝国全土を駆け巡った“皇帝崩御”の報せを受け、群雄たちが動き出す。皇位継承権を巡る皇子たち、帝国海軍を率いる女傑、帝国最強の将軍――。兵なき僻地を治めるうつけ皇子がとった生き残りをかけた奇手とは!?
  • ロムニア帝国興亡記III ─運命を別つ選択─
    通常版 3巻 626円(税込)
    わずかな手勢で新たな地盤を確保したサイファカール。だが、英雄候補は彼だけではなかった。群雄たちも皇位、領土、富を求めて動きだす。そして、ついに“皇帝崩御”の報が伝わり、異民族の大軍勢進撃が始まり――
  • ロムニア帝国興亡記IV ─残る者、去りゆく者─
    通常版 4巻 626円(税込)
    援軍の当てもなく、わずかな兵力で籠城するサイファカールたちに、兄・ロキシーヌが大軍勢での包囲戦を仕掛ける。はたして、サイファカールの見いだした、わずかな勝機とは? 帝国の興亡を決する皇位継承戦...
  • ロムニア帝国興亡記V ─強襲の第二皇女─
    通常版 5巻 648円(税込)
    第四皇子との戦いに綱渡りの勝利を収めたサイファカールたち。が、第三皇子による切り崩し工作が始まり、サイファカール陣営の戦略に破綻が生じることに? 一方、帝国南部では、ついに第二皇女の海軍が動き...
  • ロムニア帝国興亡記VI ─迫り来る決戦の時─
    通常版 6巻 648円(税込)
    兵力拡大、異民族撃退。万事順調かと思われたサイファカールに、将軍レムリガスが騙し討ちが襲いかかる! 対立する第三皇子の元へ送られるまで残りわずか……最大の窮地を迎えたサイファの運命やいかに!?
  • ロムニア帝国興亡記VII ─新たな時代への一歩─
    通常版 7巻 691円(税込)
    処刑寸前の窮地から脱したサイファカールだったが、その陣地には10万の第三皇子軍が迫っていた。これに対抗するため、次期皇帝を狙う各勢力とついに連携! 巨大兵力を前に、持てる力を全て使って決戦を挑む!

ロムニア帝国興亡記I ─翼ある虎─

購入済み

安定した面白さ

へべれけ 2014年01月17日

著者の別の作品も読んだことがありますが、戦記ファンタジー物のライトノベルとしては安定した面白さだと思います。

今後の展開に期待です。

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記IV ─残る者、去りゆく者─

購入済み

リリ様がかがやいてりゅううう!

kansaineko 2015年10月07日

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記V ─強襲の第二皇女─

ネタバレ購入済み

ステラステラが心配。

kansaineko 2015年10月07日

次巻はバットエンドがあれば、絶対ステラステラの同人誌が出るネタですね。
サイファー頑張れ!

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記I ─翼ある虎─

購入済み

下ネタが邪魔に感じなくもない

結城あすか 2015年08月09日

一代で広大な帝国を築き上げた皇帝の息子が主人公の物語。
展開としてはかなりシリアスなのに、ハーレムを形成する女の子との展開がかなりのギャップになっています。
逆境をいかに越えていくかという展開はなかなかに面白いと思いますが、妙な色ぼけ展開が挟まってテンポを悪くしている感が否めません。
その辺を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記V ─強襲の第二皇女─

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月14日

サブタイトルと帯ほど第二皇女は出張っていない。扉絵も赤い人の方だし。
サイファカールやリリィ、隣の将軍たちの駆け引きが盛大に行われている。第三皇子の動きがサイファカールの予想を超えていたみたいだけど、さてどうなるか。

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月19日

こんな、周囲に女性ばっかりなんてあるわけねえだろって思いはするんだけど、まあ、普通に楽しめた。その辺りはラノベの様式美だから仕方ないよね……。
勝利確定の話なので、何事か起きても大体安心して読める。

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記VII ─新たな時代への一歩─

Posted by ブクログ 2016年02月14日

大人の事情というやつですな。
面白いほうでああったけど、結果の分かっているものって展開難しいよね。
歴史ものってそういう意味ではすごいよね。展開とか部分部分で読者をひきつけるってわけだから。
(史実、というのが大きいのかな)

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記VI ─迫り来る決戦の時─

Posted by ブクログ 2015年08月01日

一応、主人公の危機編。
そして表紙のヒロインの危機編。

最後は怪しんでたりするがまあ、大丈夫なんでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記V ─強襲の第二皇女─

Posted by ブクログ 2015年05月10日

ある種のタイトル詐欺

とはいえ、そんなんどこにでも転がっているか。

結末がある程度分かっている水戸黄門的なシリーズなので話の経過を楽しむのがキモ。まさしく水戸黄門だな。

所々に出るイロモノ系は正直いらなくね?と思わなくも無いが。

このレビューは参考になりましたか?

ロムニア帝国興亡記IV ─残る者、去りゆく者─

Posted by ブクログ 2014年12月14日

作者が作者だけに、何気に戦記としてはまとも。
主人公まわりがおかしいだけで。

今回はなんか知らないか読者への挑戦的な何かがはじまっているらしい。
一つ目はわりと分かりやすかったが、引きのところで使った打開策は思いつかないなぁ・・・
回答は次巻にて。

このレビューは参考になりましたか?