銀行告発

銀行告発

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

金融再編の渦中、大日朝日銀行は合併して誕生したが、前身銀行閥の対立で融和は進まなかった。そんな折り、暴力団絡みの不正融資を告発する匿名の電話が! 特殊部隊タスク・フォースの指揮官に任命された広報・峰岸貴之は、真相を探り、「巨悪」に敢然と挑んでゆく。銀行員生活26年。実際に広報部員として不祥事に対応した著者が、情熱を込めて綴った傑作長編小説。(『統治崩壊』改題)

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2007年06月02日

金融腐食列島のモデルとなった元みずほ(元第一勧銀)の江上剛氏の作品

小説なんだけどベースのネタはほとんど事実なんだろうな〜と思って読みました。

不正融資による実質的な利益供与、株主優待航空券の換金による組織的な裏金作り、それらの役職員へのキックバック、、、
昔の人はいろいろやっています。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月14日

元銀行員の作者が書くだけあって文化の違う銀行同士の覇権争いはうまく書かれているが、内容が薄い気がする。フロント企業相手の債権回収の難しさや、絵画購入の裏金作りなどもう少しほり下げてもよいと思うが。この本を読んで「ハゲタカ」を思い出したよ。銀行が作り出した負債をファンドが買いあさり利益を出していく。負...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月16日

江上剛さん自身が経験されたエピソードを高杉良でなく自分で書きたかったんだろうなぁという一冊。最終的にクーデター的な流れに行くわけだけども、少しストーリー展開や描写の所でいろいろやりすぎてしまってまとまりきらない感じが出てしまっているかなぁ。たぶん筆者の個人的な思いが前に出てしまって収まりがつかなくな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月21日

どっかできいたような銀行内の不正告発もの。ちとできすぎ感はあるが、内部の調査や企業犯罪と警察の関係、など現実とオーバーラップするような描写は、銀行のなかをかいまみたようで面白い。
勧善懲悪の単純なストーリーだが、結構あっという間によみおわったぜ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play