会社で生きることを決めた君へ
作者名 :

1巻配信中

価格 730円 (税込)

思いも寄らない人事異動、不満ばかりが募る評価、疑問に苛まれる経営方針……。組織で働くということは、あらゆる困難と様々な制約を引き受け、乗り越えていくこと。人は不条理で強くなるのです。そして40代までの葛藤があるからこそ、50代で輝けるのです。本書では、どんな境遇でも前向きに生き抜くための心構えを、不屈のリーダーが31のメッセージにまとめました。実体験だからこそ語れるまっすぐな言葉が、苦悩する心に力強く響きます。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2016年01月24日

「運命を引き受けて、その中でがんばる」ってシンプルな言葉ですが、重い意味を感じます。
プレーイングマネージャーになるなという指摘は、小企業に勤める身としては違うと思いますが、「部下の強い部分を引出し、弱みを隠す」というまっすぐな言い方は納得。
自分自身の「いま」に引きつけて、考えを巡らせてくれる機会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月12日

仕事で体調を崩したことがある私にとって、この本は自分の人生に衝撃を与えたかもしれない。
大局的に物事を見ていなかったことを痛感した。
何度か再読して自分の糧にしなくてはいけません。佐々木氏の本は他にもあるので購入を検討しなくては。

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2016年12月18日

40代はしなやかに という言葉が心に残った。またリーダーは判断力より状況把握力という点は心がけて身に付けたい。著者の本は一貫した志を持ったリーダーの在り方が示されていて、とても心強い。

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2013年10月26日

佐々木常夫さんの本の総括的な内容でしょうか。
「そうか・・課長に・・か」の本の前に読んだ方がいいかもしれませんね。
手元に置いて、思いついたら手にとって読むのにいいかも。
さらっと読めますが、腑に落ちる言葉がたくさんあります。

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2018年03月03日

なるほどと思う部分と、
それは古い考え方じゃない?と思う部分が半々でした。
仕事のプロになるの章は、そうそうと納得できる箇所が多かったです。

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2017年10月26日

組織の中で仕事をしていくうえで必要な考え方を示した本。30後半〜40台の人向け。ノウハウ集的なビジネス書というよりはエッセーとして読むのが良さそう。著者の声が聴こえてくる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2016年04月12日

サラッと読める内容だった。 折り目つけた箇所を抜粋。
・優先順位をつけて戦略的に仕事に取り組むことは、ビジネスマンが身につけなければいけない大切な能力のひとつですが、長時間労働が常態化している職場では、その能力を身につけるチャンスが奪われる。
・企業にとって最大の経営課題のひとつである生産性向上が実...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

会社で生きることを決めた君へ

Posted by ブクログ 2013年09月21日

東レの取締役の方らしい。
最初の「運命を受け入れる」という言葉が、サラっと書かれながら深い。彼の境遇で同じことが言えるだろうか?
多読家に仕事ができる人はいない、そう。あいたたた。
同じく効率化についても耳が痛い。
せめて、時間内に仕事が終わるよう、頑張る。一つでも身にしなきゃね。

このレビューは参考になりましたか?