30歳の若き弁護士・梶原藤子は、弁護士会から派遣される「当番弁護士」として事件に係わることが多い。だが、被疑者たちは、なぜか誰もが担当の彼女に真実を言おうとしない。そんな“不遜な”被疑者たち、そして、一筋縄では行かない事件。苦闘する藤子の力強い味方とは――? 下町生まれの熱血女性弁護士の仕事と恋を描く、人情味あふれる異色の連作ミステリー。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

不遜な被疑者たち

Posted by ブクログ 2010年12月06日

若き弁護士、梶原藤子が一筋縄ではいかない事件を自分なりに考え、行動を起こしていく。
なかなか本当の事を語らない被疑者に、反発しながら、必死に
救おうと頑張るがよい。

このレビューは参考になりましたか?

不遜な被疑者たち

Posted by ブクログ 2012年12月22日

主人公の女性弁護士の自意識過剰&のめり
込むと廻りが見えなくなり妄想(?)の世界に
入る性格設定が面白い
のめりこみすぎて、適当な相槌で結婚申し込み
にOKをしてしまうのもGOOD!

このレビューは参考になりましたか?