アップル、オラクル、IBM、EMCなど、30年間、外資系トップ企業で働き、ビジネス界の巨人と肩を並べてきた、山元賢治氏。
2004年から2008年までは、アップル・ジャパンの代表取締役社長として、iPodビジネスの立ち上げ、iPhoneのリリースまで関わり、アップル復活の原動力となりました。
その山元氏が大切にするのが、誰からも「選ばれる」人が持っているルール。
著者である山元賢治は、次のように答えます。
「選ばれる人は、目先のテクニックに走らず、もっとも守るべき原則"を理解し、日々実践できるかどうかで決まる」
本書でも、この「選ばれる人が守るべき原則」についての考え方をお伝えしていきます。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

選ばれ続けるリーダーの条件

Posted by ブクログ 2014年09月08日

自分がこれをやりたい人間、自分がこれを出来る人間を表す。
すべて数値化、デジタル化する

プロとは、何にでお金をもらっているか? 意識と価値があっているか?
単に社員になったから給与をもらっている人は選ばれない。

最終は、スペシャリストか、マネージメントを選択するしか無い。

このレビューは参考になりましたか?