イギリスの流行作家V・ヘイズが、日本人妻を伴い来日することになった。ところが、ある国際的テロ組織が警視庁に脅迫状を送りつけてきた。「来日したら夫妻を殺す」というのだ。警告を無視するヘイズのため、十津川警部は英国人刑事とともに必死の警護に当たる。だが、長崎へ向かう特急「さくら」車中で、夫人が誘拐されてしまった! 圧巻の傑作推理サスペンス。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

長崎駅(ナガサキ・レディ)殺人事件~駅シリーズ~

Posted by ブクログ 2012年03月19日

最後の数ページで追い詰めまくる十津川。その姿はまさに圧巻!
"長崎駅"を"ナガサキ・レディ"と読ませるのはなかなかニクい。
この事件の本質を表しているような面もあるからだ。

イギリス人作家であるビクトリア・ヘイズは、スコットランドヤードの元警部で、日本への招...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

長崎駅(ナガサキ・レディ)殺人事件~駅シリーズ~

Posted by ブクログ 2015年01月13日

「嫌いじゃないけれど間違ってると思う」
どうにも後味悪く終わってしまう。
しかし、このような感情は意外と自分にもあった。

このレビューは参考になりましたか?