日本の医療が崩壊するといわれて久しい。
医療費の高騰、モンスター患者、患者たらい回し、医療訴訟、小児科・産科の危機、医師不足、医学部新設問題、地域医療崩壊…ぱっと思いつくだけで、これだけの話題がある。
しかし、こうした医療の危機の陰には、あまり報道されないが、先にあげた問題と同じように深刻な問題も数多く存在するのだ。
本書は現役医師である著者が、医者という職業についている人たちのリアルな状況と問題点をさまざまな角度から描き出すとともに、読者一人ひとりが日本の医療を変えていくためにどう考え何ができるか、そのヒントを提示するものだ。

ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌・レーベル
ディスカヴァー携書
ページ数
344ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

医者ムラの真実

Posted by ブクログ 2018年10月06日

医者ムラの真実。榎木英介先生の著書。医者ムラ、医療業界が抱える問題点をわかりやすく指摘している良書。医者ムラの問題を解決するには、部外者からの客観的な指摘や指導が不可欠に思います。

このレビューは参考になりましたか?

医者ムラの真実

Posted by ブクログ 2015年02月26日

医師という職業の過酷さ、医師の視点から見た業界のしくみや問題点などが深く書かれていた。医者の生態系を学ぶには最適な本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

医者ムラの真実

Posted by ブクログ 2014年11月20日

どの業界も裏があり、その裏は業界人にはわかっていてもなかなか表には出てこないもの。本書は医学界のウラについて書いてあるのですが、基本的には暴露本、そして、医学界の問題点を表面には表してはいるけれども、最終章までくると医学界に心身ともに捧げて貢献している人、そして、それを何とかそのような人を守るために...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

医者ムラの真実

Posted by ブクログ 2014年01月02日

医学部に編入にて入学し医師になった病理医が医者の世界の問題点を提起。
医学部・医師の偏在・医師を親にもつ医師・コメディカル・医薬品会社との関係・病理医不足・基礎系での非医師研究者 等 様々な問題点を的確に解説している。
これらの現実の解決策をこの本をもとに考えて行かなくてはならない。

このレビューは参考になりましたか?

医者ムラの真実

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月09日

 医療現場について、その世界を知らない人に面白く読ませる名手。
 医療エンターテイメントか!ってなる。
 こういう本ってうっかりすると、内部暴露的というか、批判のみであったりするのだが、全体的な概要、なぜそうなったのか、取り入れた制度の利害、今後の展望についての記載のバランスが良くて読みやすい。
 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

医者ムラの真実

Posted by ブクログ 2015年09月24日

今もよく見かける「医学博士」という肩書き。実は1991年から名称が変わり博士(医学)となっている。博士(農学)、博士(理学)と同列で、あまり知られていないが、博士(医学)と言っても必ずしも医師というわけではない。どんな学部にいようが論文を書いて医学部の大学院に提出すれば、この博士号が取得できてしまう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?