クマムシ?!-小さな怪物
作者名 :

1巻配信中

価格 1,512円 (税込)

乾燥すると樽型に変身。真空、高温、高圧、放射線にも耐え、レンジでチンしても平気──。不死身伝説に満ちた身近な微小生物、クマムシ。その真相やいかに? 研究の歴史や、試行錯誤で飼育する笑いと苦労の物語など、生物研究のオモシロさ満載! 観察方法、ファン必見の超レア物図版も多数掲載! 日本初のクマムシ本、ついに誕生。

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
130ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2014年10月21日

 コペンハーゲン大学動物学博物館で、海産クマムシの卵形成を研究(2005年当時)をしている著者による、日本初の、日本語で書かれた一般向けのクマムシ本。

 クマムシといえば、乾燥状態でクリプトビオシス(乾眠)と呼ばれる状態になり、乾燥、凍結、真空、高圧、放射線にも負けない強い子であるという話ばかりが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2013年08月15日

親しみやすく読みやすい文章で最後まで楽しく読めた良書。
クマムシについて深く詳細に掘り下げて書くというよりも、クマムシの魅力を書くという感じなので、クマムシについて知りたいけれど難しい話は苦手という方にもお薦めです。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2013年02月18日

面白すぎて、読みかけで電車降りるのが嫌で会社さぼりたくなる。そして、図版の充実がすばらしい。クマムシへの愛が溢れた可笑しな記述もたくさん。。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2009年11月19日

テクテクと苔の葉の隙間を歩く小ちゃいクマムシの姿…信じられないぐらい厳しい環境(乾燥・高熱・極寒・放射線ほか)に耐え、しかもカワイイという…もう最強の生き物ですね(^-^)。明日からは、道ばたの苔を見る目が変わりそうです。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2007年12月03日

テレビの動物奇想○外で見てからというもの、ムスコが夢中になっているクマムシ。本が出たので買ってみた。ムスコは読めないけど、中の写真や図版は興味深々。肉眼では見えないけれど、かわいい変な奴らがその辺にいると思うとなんか楽しい気分になってしまう。顕微鏡を買ってクマムシ見てみたいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2007年03月04日

高温でも低温でも、放射線でもしなない生物がいる・・・・・・以前から興味があったが、その割りにそんな変な生物の情報は少なく気になっていた。その特殊なところもきちんと書いてあって入門書としてはすごく良い本だと思う。クマムシを知らない人には勧められる。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2006年11月25日

一気に読んだ!
学者の本は愛情が入っていると読んでいて気持ちがいい。
この本もそんな感じ。
人にススメたくなる本だった。
いろんな場所にいろんな生物が居ると思うとさみしくないなー。

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2018年11月08日

タイトルだけで手に取った中古本でした。

刊行時期を見るに、クマムシがやたら流行る寸前くらいかなぁと思いましたが、どうなんでしょう?

今となっては大分古い情報もあるかもしれませんが、当時点で解明、または推測されるクマムシの生態や姿、分類学、形態学的なポジション、そしてそれぞれの研究が広く、専門的な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2018年10月23日

ある本によると、絶対0度でも、摂氏80度でも死なず、湿度0%でも平気。宇宙空間に裸で放り出されても地球に帰還できれば、復活するなどと、ほぼ信じられないくらい、クマムシは不死身らしい。信じられないのでこの本を読んでみたが、これらの逸話はどうやら都市伝説のようなもので、この様な現象をおこすためには、かな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クマムシ?!-小さな怪物

Posted by ブクログ 2018年02月23日

「岩波科学シリーズ」このシリーズ面白いです。といっても2冊しか読んでいませんが…
クマのような動物が歩いて見える1ミリにも足らない小さな生物です。この生物の飼育と観察の面白さを伝えてくれる本です。

このレビューは参考になりましたか?