ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」
作者名 :

1巻配信中

価格 1,728円 (税込)

ウェブ上の情報が爆発的に増え続けるなか、いまウェブは大きな変革期を迎えようとしている。
本書の著者は、グーグルでGoogle+の開発に携わったのちフェイスブックに移籍した気鋭の研究開発者ポール・アダムス。
多くの研究論文、フェイスブックでの膨大なデータや事例をもとに、ウェブの構造変化、ユーザーのネット上での行動や意思決定の変化、情報伝達の変化を、多数の図を用いながらするどく解説する。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2013年08月17日

人間は太古の昔から、ソーシャルネットワークをベースに生きてきた。今や、オンラインがオフラインに近づいてきた。だからこそ、人間の行動を見直して、マーケティングする必要性がある。そのキーワードは、小さなグループ、そして、友人。

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年12月09日

ソーシャルメディアの今後を考える上で非常に参考になった。
訳者である小林さんから直接(サイン入れてもらって)買いました。
読むのに時間かかってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年10月10日

■これからのソーシャルマーケティング

A.従来のマーケティング活動は「インフルエンサー」(大きな影響力を持つ人物)を通じ、メッセージを広めようとしてきた。
だが最近の調査で、人は自分の精神面で近い人々に影響されやすいことが判明した。
よって今後、マーケティングでは、親しい友人から成る小規模なグルー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年09月08日

ウェブがコンテンツ中心から人間中心になったとして、ウェブからソーシャルネットワークそして脳科学(心理学?)まで語り、マーケティングの作法を指南する好著です。

欧米人の著著はくどいと言うか独特の語り口があって日本人には読みにくいものが多いと思うのだが、本書は日本人著者が書いた本のようにあっさりとした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年08月22日

Google+開発に係わった著者の説明だけに、人のつながりの関係をリアルに捉えている。ソーシャルグラフについて分かり易く書かれている。引用文献もある為、深掘りするには良い切っ掛けになる。人間中心という視点での書籍にしては分かり易く書かれていると感じた。

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年08月20日

Google+のサークル機能のコンセプト設計に携わり、現在はFacebookに勤務するポール・アダムスさんの著書。ソーシャルウェブの最前線で活躍する人の著書なので、現場での経験が大きく反映されてる。既存のマーケティング理論に反論を唱える内容も多いのだけれど、彼の主張のほうが賛同できる。

多くの事例...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2012年08月01日

タイトルだけを見れば、多くの人にとって異論の挟む余地はないだろう。個人的にもFacebookが本当に面白くなってきたのはグループという機能が付いてからだったし、ブログにしてもHONZというグループに入ってから手にしたものは、計り知れないものがあった。

その背景には、かつて文書を結びつけるものであっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2016年06月22日

コンテンツをシェアしてもらうこと以上に、そこから始まる会話を支援することには注目しなければならない
シェアされるのは事実ではなく感情
大勢の人々に対して普遍的な価値をアピールするようなコンテンツではなく、小規模なグループに響くようなコンテンツをつくる
他人の行動を見せるというのは、誰かを説得する際に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2014年01月10日

翻訳本はやはり読みにくい
ひとつひとつの関連知識が、単発で紹介されていて、ストーリー性があまりない
ので、読みにくいなぁと思いながら読破

でも…
何度か読み返したのが良かったのか、
ここで得た知識が実務で役立っていて、しばらくしてから★を増やしたくなった本
マーケティングご担当者にはオススメ

このレビューは参考になりましたか?

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

Posted by ブクログ 2013年08月15日

Google+のサークル機能開発の中心的役割を果たし、現在はFacebookに勤務する、ポール・アダムス氏の著書。著者は、ソーシャルメディア研究者でUXデザイナーでもある。

ソーシャルネットワークの構造や特徴が、分かりやすい図と言葉で書かれている。行動経済学に基づいて論理展開がされている点や、言及...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?