経済学の基本からデフレによる長期不況の謎、得する投資理論の極意まで。一見、難しそうに思える経済の仕組みを、数学の力ですっきり解説。数学ファンはもちろん、ビジネスマンにも役立つ最強数学入門!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2013年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

景気を読みとく数学入門

Posted by ブクログ 2011年06月11日

レビュー・感想というより、記録です(苦笑)
一通り読み飛ばしたけど、自分のレベルでは難しいです(涙)
この角川ソフィア文庫シリーズは初めて読んだし買った。
もう少し、分かるかなと思い、少し甘く見てました(苦笑)熟読しないと理解できません。読者力低いなあ・・・涙
経済、投資、金融、財務、経理・・などな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

景気を読みとく数学入門

Posted by ブクログ 2017年11月14日

数学の知識が無くても読める。とにかく数学は役に立つんだぞ、と言いたいらしく、役に立たないと思ってるでしょ、って前提を感じる文体。と思ったら、後半から数学が難しくなっていって、ついつい読み飛ばしてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

景気を読みとく数学入門

Posted by ブクログ 2013年07月22日

景気変動の仕組み。
情報と戦略、景気支配、資産関連、バブルに関する数字を経済学にて紐説いている。景気変動が、数学的に証明・予測できることを学べたが、経済学を専攻していないものにとっては理解に時間を要する。
株式・デフレ・現状の日本における日銀の政策はこれらの学問から説明はできるが、その対応策に関して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?