※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

両親の離婚により転校することになった音和。野川の近くで、彼と父との二人暮らしがはじまる。新しい中学校で新聞部に入った音和は、伝書鳩を育てる仲間たちと出逢う。そこで変わり者の教師・河合の言葉に刺激された音和は、鳥の目で見た世界を意識するようになり…。ほんとうに大切な風景は、自分でつくりだすものなんだ。もし鳥の目で世界を見ることが、かなうなら…伝書鳩を育てる少年たちの感動の物語。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

野川

Posted by ブクログ 2018年10月11日

井上音和は両親が離婚したので住んでいたマンションから父親と一緒に安アパートに引っ越してきた。夏休みに引っ越したので新しい中学でも夏休みの宿題をしなくてもよかった。新しい担任の国語教師は「夏休みの出来事」を話す宿題はあるぞと言った。学校が始まり音和は新聞部に半ば強制的に参加させられた。国語教師に乗せら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

野川

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年09月23日

夏帽子と対になるような作品。
教諭と生徒の関わりかたとかが似てるようです。

読後の爽やかさが良いです。

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2012年09月16日

再読。丁度今の時期から秋にかけてタイムリーな感じと、偶然今年の金環食を思い出しました。「自分の目で見たものでなくても、話に聞いても心に残る風景がある」全編通してそう思わせる自然描写が素敵です。翔べなかった鳩の飛翔と、間接的ながら絡む死の対照も印象的でした。そして膨らんだ想像力のひとつの欠点は、きっと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2012年06月25日

ほんわかと暖かいお話。読んでいると美しい景色がすっと浮かんでくるので、忙しい毎日に疲れたらまた読みたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2012年01月30日

両親の事情で新しい学校に転校してきた音和。新聞部に入部します。顧問の河井先生が語るお話しは、とてもすんなり心に入り込んできました。学校から野川に沿って歩いてる時の情景は、見えてくるようです。
「頭上へ手をのばし、空中に指で円を描いた。「頭のこのへんに、目があるつもりでいろ。そうすれば、自分がよく見え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2011年08月24日

高等学校の読書感想文課題図書と背表紙に貼ってあるのを見て読み出す。野川は東京に住む我々には身近な河川。出てくる地名、関東平野のでき方などに引き込まれて読み出す。

主人公の中学生が両親の離婚で転校した中学で出会う教師、部活動の仲間、鳩(?)が皆、いい感じ。

心の中の世界と実際の世界、上手く折り合い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2018年11月01日

長編。

中2の音和おとわは両親の離婚、父の事業の頓挫で転校することに。
転校先には、変わった国語教師の河井。3年で新聞部の吉岡。新聞部では伝書鳩を育て訓練していて、その中に飛べるのに飛ばないコマメが居る。

肩に乗って、肩から肩へ移動するコマメが可愛い。
音和の父親にも同情してしまう。
お父さんは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2018年09月04日

長野さんの作品に出てくる学生は私からみると大抵大人びていて、それが好きです。
このお話に登場するような先生と学生時代に出会えたら素敵だなぁと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2018年06月26日

成長したいと思っても、望む速度と身体の成長の速度が追いつかなくて、自分はまだ子どもの区分だと諦める。でも諦め切れない領域もあって、差分と埋め合わせる成分として涙が出る。そんな話し。

このレビューは参考になりましたか?

野川

Posted by ブクログ 2017年09月29日

長野まゆみ式正統派青春小説といった感じでしょうか。
両親の離婚と父の事業の失敗のために中学校を転校した主人公。その中学校の立地から付近の地形に興味を持ち、少し変わった先輩や先生に誘われて(騙されて?)新聞部の新たな部長となる。その新聞部では伝書鳩を飼育していた。
地形や地学の用語がさらさらと出てきま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?