謎が多い空海。なぜ遣唐使とともに唐に渡ることができたのか。最澄という秀才ではなく、なぜ空海だけ密教の教えを受けられたのか。小説『空海』で話題を集めた著者による、空海入門書。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

謎の空海 誰もがわかる空海入門

Posted by ブクログ 2018年02月28日

名前はよく知っているのに、実はあんまり良く知らない人物って多いですよね。そんなわけで、今度は空海について書かれた本を読んでみました。

空海という人が、いかに飛び抜けた人であったのかが分かる本でした。空海の足跡だけではなく、当時の政治や宗教や、そして日本における仏教についてもざっと知ることができて、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

謎の空海 誰もがわかる空海入門

Posted by ブクログ 2015年11月22日

残された少ない資料から空海がたどった道程を推測、想像しています。物語のようで流れがつかみやすく空海について調べ始めたばかりの私にとって良いとっかかりになりました。ただこれだけでは不十分ですから、他にも色々読んで自分なりの空海像を作り上げていくべきですね。あくまでもこれは著者のオリジナルともいえる空海...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?