美少女VSロリヲタ最終抗争!?悪徳栄える乱世の未来に、笙野頼子がついに放つ!最狂の超哲学小説。アニヲタ必携!フェミ必携!病的心性日本を告発する、新たなる文学の金字塔がここに。書き下ろし短篇収録。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
197ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

Posted by ブクログ 2015年12月20日

 痛快!もちろん全員の男性がそうでないことは分かっているけれど、自分に歯向かわない物分かりの良い若い女が好きな"知完野労"は確かに存在するわけで、そこを痛烈に皮肉った描写にスカッとした。力強い筆力に圧倒され、飲み込まれるようにして読んでいくのが楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

Posted by ブクログ 2013年04月19日

痛快の一言。
「太陽の巫女」「金毘羅」もいいけど、こういうのも好き。

ブスの描写でかなり笑いました。
カニバットのほうも読もう。

このレビューは参考になりましたか?

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

Posted by ブクログ 2006年07月05日

女性作家矯正クラス逝きのブスを芸能化芸術化して超越的なブ貌で誇り高き糞婆がキレ子となり、知感野郎&イカフェミから共同体内充足する権力/反権力迄、片っ端から戦闘拡大する徹底したイロニー狂気炸裂。が、この虚実の皮膜を判らないですませようとするカッコ悪く弱い立場=批評第三者は、「」付「判らない」と自分達で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

Posted by ブクログ 2009年02月01日

「そして軟禁と美少女のパーツにされるという判決を私に適用した。
 わあん、知感野労め。いつからこういう世の中になったというのではない。
 というかよく判らない。現実とはいえ、まさに悪夢のようにただただ『なった』のだ」

『説教師カニバット』の一応続編。「おもしろい」のか。むう。
あとがきがなかったら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

Posted by ブクログ 2006年07月31日

★タイトルに引かれたものの★全く接点を持てず、途中でやめてしまった。読解するための基本的な何かがこちらに欠けているのでしょう。以前、別の本を読んだ気もするのに。

このレビューは参考になりましたか?