※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

水神の崇りに沈んだ少年の因果と転生の物語。私も弟も、ともどもに異形の身…シリーズ・第一巻。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 水迷宮 汪の巻
    通常版 1巻 972円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 水神の...
  • 水迷宮 瀧の巻
    通常版 2巻 972円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 その因...

水迷宮 瀧の巻

Posted by ブクログ 2015年08月31日

再読。因果応報終着点。前巻では気の毒だったお姫様が、今回は悪女(?)となってパワーアップ。…活き活きしてる気がするのは、気のせい?

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2015年08月31日

再読。因果応報。同じ過ちを犯す主人公一族の男たち。古典風ファンタジーだから、器量は大事か。にしても、千潮姫が本当かわいそう。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2010年10月13日

実は、少年万華鏡の次にすきな作品です。
時系列をたどってたくさんのひとが彼女とかかわっていく。
純粋に面白い作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2006年03月02日

時代物前編。海の主姫に命を救われた青年だったが、恩を仇で踏みにじる行為に姫激怒。青年の一族を子孫までたたることを誓います。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 瀧の巻

Posted by ブクログ 2005年12月31日

ぎゃあ!って感じです。恐いです。おこぜフェイスの醜女が来たらどうしようとびくびくしてしまいます、何も悪いことしてないのに。何代にも渡って起こる怪現象。恐怖です。何も悪いことしてないけど。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 瀧の巻

Posted by ブクログ 2013年11月16日

下巻。
上巻の途中から、世代順に話が始まってきたが、家系図がついているので、それを見ながら読み進めるとわかりやすい。
得意な少年の話が出てきます。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2013年11月16日

長野まゆみの初期の作品。
短編連作で、平安時代の妖をテーマにした作品です。
よくある、妖の呪いを末代までかぶることになった一族の話で、平安時代のホラーなんだろうけど、そんなに怖さを感じない内容。
長野作品にある難しい漢字や珍しい文章はそんなになく、読みやすいです。
こちらが上巻です。

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 瀧の巻

Posted by ブクログ 2011年08月01日

水迷宮続編。
さらに婚姻関係が絡まってもう何が何だか。
何代にも渡る因果応報の物語。

水天女の祟りが、巡り巡って子孫の少年たちで断ち切れます。

前巻ではほとんど無かった少年同士の絡みが最後の最後にやってきて、

でもやはり昨今ほど表現がわかりやすくないのに、とても濃密な気がします。

とりあえず...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2011年08月01日

水天女・千潮姫に祟られた、中延一族の愛憎絡み合うお話、というのか。

時代が恐らく中世あたりで、
将軍が出てきたり、出世のための政略結婚だとか、
継母継子間の確執だとかあったり、
するのだけど、ねっとりした感じが一切なくて、
ただ風流。

ひどいこととかあられもないこととかばかり起こるのに、
ひたす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

水迷宮 汪の巻

Posted by ブクログ 2006年12月22日

水迷宮第1巻の話。
どことなくエロスな雰囲気が漂う男女の話。
詳しいあらすじは他のところでみればよし。

雰囲気としては人間の欲と外見に対するとらえ方などを訴えかけているような気がしないでもない。

このレビューは参考になりましたか?