※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

瑠璃色の夜にゆらぐ少年たちの心を描いた初期傑作。カラーイラスト入りオリジナル単行本が新たな装いで待望の復刻。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
156ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2012年05月11日

お話は勿論のこと、表紙の絵から挿し絵まで全て長野まゆみさんが手掛けられています。

鳩山郁子さんの挿し絵が好きで長野さんの作品を購入する、と言うこともあるのですが、これはこれで素敵。ある意味完成されているので。
鳩山さんとはまた微妙に違う雰囲気を持つ、品の良いイラストに思わずうっとりしてしまいます。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2009年09月15日

夜啼く鳥は夢を見た
夏のひるまの 仄白い沼
御影の花さく 水の面で
寂しい鳥は 少年に逢う
静かに光る 沼の淵
月、煌々と 降りそゝぐ
夜啼く鳥は 瑠璃のいろ
いつかの夜にふと消えた


復刻版。投票した甲斐があった…。実は数年前に古本の個人取り引きで手に入れてたけれど。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2017年07月02日

今年初めての夏日に読んだので季節感がばっちり。挿絵が長野さんということで文字とイラストの両方が楽しめた。頬白鳥くんはもっと少年かと思っていたら青年に近い(見た目で)曖昧な時間を生きているような印象。
ラストは納得。最初から呼ばれてたと思うのです。
泥の中から美しい花が咲く蓮を見にいきたくなります

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2015年03月02日

古典的な文体と透明感ある色彩に惹かれた。文字や送り仮名にまで趣向を凝らした、まさに文学の芸術“文藝”。挿絵は好みが分かれると思う。自分の思い描く3人の少年のイメージとはかなり違った。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2012年09月01日

少年達の静かで、少し胸騒ぎのする夏。
水密糖と睡蓮の清々しさ、沼の怪しさ。

画像が無いので、新装版で登録。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2018年07月05日

少年は夢見るように微笑みながら沼の中へと消えた……従兄の草一を訪ねた紅於と頬白鳥の兄弟。彼らの瑠璃色の愛を描いた初期傑作!

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2014年04月22日

紅於、頬白鳥兄弟と、従兄弟の草一。三人の少年と沼をめぐる不思議な物語。初期の作品らしく、BL要素はないけれど、なんとも不思議な世界観に包まれている。
沼、水蓮、水蜜、水笛…水をキーワードに、その温度や質感までもが、美しい文章で綴られる。ちょっと恐いけれど幻想的な感じの終わり方が好き。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2014年04月03日

蓮の咲く沼の近くの別荘地にやってきた兄弟と従兄、3人だけの登場人物。
紅於(べにお)は体の弱い弟・頬白鳥(ほおじろ)を連れて祖母の家を訪ねる。

少年たちが沼でボートに乗ったり散歩をしたりと、ストーリーは特にない。
紅於はつかみ所のない草一を苦手に思っており、頬白鳥は沼に沈みたがる。

ラストは不穏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2012年11月08日

登場人物の名前が鳥だったもので鳥好きのわたしはホイホイと釣られました。不覚であります。内容は幻想をつっきる感じ。水蜜桃って・・・エロいですよね・・・←

このレビューは参考になりましたか?

新装版 夜啼く鳥は夢を見た

Posted by ブクログ 2012年08月05日

透明感のある少年たちによる一夏の物語り。
すべてが語られることはなく、結局謎は謎のままだからこそこの物語りは珠玉と呼ばれるにふさわしいです。
ストーリーとだけでなく、イラストも長野まゆみ先生が手がけています。淡い色合いでまとめられ物語りとマッチしていました。
贅沢を言うならばイラストはすべてカラーで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?