※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

太陽から二億三千万キロ離れた夏星。そこではP.U.Sという先天的病気の因子が住民を蝕み、人々は"新世界"への渡航を夢見ていた。斡旋住宅で兄シュイと二人きりで暮らすイオ。彼の元に残された謎の物質"ゼル"とは何か?二人を巻き込む壮大な闘いが今、始まる。超人気シリーズの第一巻。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
175ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 新世界〈1st〉
    通常版 1巻 378円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 太陽か...
  • 新世界〈2nd〉
    通常版 2巻 378円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ミンク...
  • 新世界〈3rd〉
    通常版 3巻 378円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「希ん...
  • 新世界〈4th〉
    通常版 4巻 378円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「ミン...
  • 新世界〈5th〉
    通常版 5巻 378円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 拘束さ...

新世界〈5th〉

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月27日

2011.2.26.
読み終わって、まず思ったのが、シュイとイオは死んだの?死んでないの?ということだった。しかし、しばらく考えて、これは記憶の物語なのだと思い直した。ラシートの女が受け継ぐ、記憶。何世代にもわたって、個体が何度代替わりしても受け継ぎ続けている種族の記憶だ。ソレンセンからイオへ、そし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈4th〉

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月20日

かなり核心に迫ってきているのに、それぞれがそれぞれの思惑によって勝手に行動しているようで、一筋縄ではいかない。誰がどの種族であるか、本人さえも記憶が無かったり、あっても偽造された記憶であったりして、複雑極まりない。シュイはいっそう孤独を深める。なんて哀しい物語なのだ。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈2nd〉

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月13日

レトは死んだのだろうか。でも、2ndが1stの前の話なら、1stの一番最初にレトは出てくるので、死ななかったことになるけれど。ただ、1stのレトと2ndのレトが同一人物かどうかは不明だ。希望を言うなら、孤独なシュイの理解者であるレトには死んでほしくないし、シュイの敵にまわってもほしくない。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈3rd〉

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月13日

ひたすらシュイがかわいそうな巻だった。死にたいのに、死なせてもくれない。
ゼルが記憶装置ならばゼルの行方(誰の中に誰のゼルが入っているのか)は内容を理解する上で重要になってきそうな気がするけれど、追えなくなってきている。誰がどの種族で、その種族の特性とか、種族同士の関係とかも、複雑に絡まってきて、だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈1st〉

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月06日

混乱した意識。混線した交換器の音声は誰を呼ぶ声なのか。
イオの視点で書かれているから、ということだけのせいではなく、ここにはイオしかいないのではないか、という気がしてくる。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈1st〉

Posted by ブクログ 2010年03月29日

BLなのかそうでないのか、あいかわらず不明な作風です。
いつも長野さんの作品は痛々しいけど、これは特に痛くてつらい場面が多い。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈3rd〉

Posted by ブクログ 2006年06月12日

動き出した。イオとミンクとシュイと、ソレンセン。入り組んでいてわかりにくいが、やっと像が浮かび上がってきた。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈2nd〉

Posted by ブクログ 2006年05月17日

記念すべき2nd。
毎月刊行なので、月末はそわそわしてくる。
今回は1stの過去?
まだまだ謎は深まるばかりで、
続編をうずうずして待ってます。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈1st〉

Posted by ブクログ 2006年05月17日

ついにハードカバーから文庫へ。
見つけた時には迷わず購入。
読み始めた時は世界の設定がよくわからなかった。謎をふっかける1stは続編への期待を膨らませます。もちろん、少年たちの動向にも期待してる。

このレビューは参考になりましたか?

新世界〈1st〉

Posted by ブクログ 2008年10月25日

太陽(ソル)から2億3千万キロ離れた夏星(シアシン)。
そこではP.U.Sという先天的病気の因子が住民を蝕み、
人々は“新世界”への渡航を夢見ていた。
斡旋住宅で兄シュイと二人きりで暮らすイオ。
謎の物質“ゼル”をめぐる闘いのなか、
“永い眼り人”はふたたび目醒めるか。
全5巻の長編作。


長野さ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?