※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

第六学級B組でのあたらしい学年を記念して、オヅ先生の提案で始められた学級日誌。終わりゆく世界のなかで夢み、成長する少年たち。たがいに傷つけあい、いやしあう学校ともだちの一年間を、彼ら自身のことばで綴る珠玉作。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
167ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

学校ともだち

Posted by ブクログ 2013年08月14日

舞台は、近未来の終わりゆく世界。
オヅ先生は、学級日誌を書くことを提案する。
生徒であるトィ、ノッブ、チロ、ノンノン、チハヤは、交換日記みたいに日々の出来事を綴る。項目は、「きょうの出来事」「学習」「反省」「担任の欄」である。

日誌を通して、生徒達の関係と物語の世界観を覗くことができる。
パズルの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2011年05月12日

大好きな本です。
学級日誌という形式でも、各キャラの正確がよく分かります。
長野さんの作品のほとんどにいえますが、未来が舞台なのに、どこか懐かしい雰囲気が漂います。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月20日

これまた久々に読みました。
このお話、短くて簡単なのに、長野まゆみすごい!!!といつも思います。
世界観やら物語の形式やら、この短さでまとまっていて・・・
出来れば続きが読みたいくらい。
長野作品に出てくる先生の言葉づかい(丁寧語)がとても好きで
いつも憧れてしまう。
もう学校には程遠い世界にいるけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2008年09月27日

図書室に入れてもらった。

学級日誌に書き込まれる日常を追いかけていく。

一生懸命に毎日を駆けていく少年たちに、ちょっぴり元気をもらえると思う。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2006年08月16日

小学生であるらしい級友たちが綴る学級日誌。先生の真摯な受け答えが印象的。学級日誌を書く時間ってなんだか忙しなかったから、あんまり気の利いたことも書けなかったなあ。まあ時間があっても書けなかったかもしれないけど。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2006年06月05日

日誌形式で綴られるある学級の人間関係の変化と言うのが大筋でしょうか。どんどん仲が良くなっていく生徒とその背景にある何か切なくなるような世界観が印象的。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2005年04月20日

すべてが日誌形式で書かれているちょっと変わった本。
けど日誌が1年進む中で喧嘩して学んで成長していく少年達の姿にとても惹かれる。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2016年03月29日

1年間の学級日誌を通して、成長していく少年たちの姿を追うことができるお話。それぞれが抱える悩みや、わだかまりも前向きに話し合いで解決していこうとする姿には勇気付けられる。
トィとシュウイチにはこれから仲良くなっていってほしいなぁ。

……そんな日常とは裏腹に学校の外の環境は悪化する一方…。謎のシェル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2016年02月25日

子供達の心の交流、という物語だけでも十分面白いのに、さらにそこに近未来的な問題をつけるのが長野先生さすがだなと思わせる。

このレビューは参考になりましたか?

学校ともだち

Posted by ブクログ 2010年05月20日

しっかり者のノッブ、ノッブの親友であるトィ、少し幼いチロ、口より先に手が出るタイプのノンノン、彼と犬猿の仲である学級委員のチハヤ。彼らが担任であるオヅ先生に、学級日誌を通じてクラスや自身たちのことを伝えていく。移り変わる四季とともに、彼らの関係や心も変化し、成長を遂げていく。

****

登場人物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?