※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「きっと、兄はあの帽子を持って来てくれる。」-千波矢が初めて兄の幻影と出逢ったのは、一羽の鳶の比翼が岬の空家の庭から帽子を舞い上げた夏の一日だった。空家に住み始めた少年や仔犬との交流を描く長野ワールド書き下ろし作品。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
201ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

夏期休暇

Posted by ブクログ 2016年02月26日

話の設定や描写が良かった。しかし後味悪……
寸前まで一夏の切なくもまだ爽やかな物語だったのに…まさにら長野先生ワールドでした。(いい意味で)
チハヤくん全く変わらないし葵くんは変わったけども命が…結末に突き落とされた。
チハヤくんは今度は葵くんを追って一緒に海に行くかな。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2009年02月09日

岬に建つ家。千波矢は幼いころをそこで過ごし、今は亡き兄とそこで出会う。その思い出の家に越してきた葵。千波矢は家を奪った葵を嫌うが、お互いの交流は始まっていく。ある日葵は千波矢の兄と出会い、帽子を受け取る。葵は千波矢にそれを返そうとするが…。
千波矢は二人も殺してしまったのですね。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2011年02月21日

切ないなあ…。うっかり泣けてしまった。兄弟愛というモチーフは好きなのですが、これはまたたまらんね…グッときます。
ラストもまたなんだか…葵…。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2007年08月29日

ちはやと葵の仲が潔癖で好き。やっぱりあおいは死んだのでしょうか。長野まゆみの少年は喪失の影を帯びているので生命感がなくてきれいだと思う。秘密の場所で飛び込むシーンは岩に水の輝きが映るのまで見えるようですごい好き。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2007年08月29日

長野まゆみの夏期休暇を読みました。友人がおすすめしていたので、読んでみました。長野まゆみの描く少年たちの夏休みの物語でした。暑い夏休みを過ごしていく少年たちと少女の静謐で透明な物語がやわらかい文体で語られていきます。ずっと昔に亡くなったはずの少年の兄が現れて、物語にアクセントをつけていきます。そして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2005年11月08日

夏休み中、旅行に出かけるのに、お供としてなんとなく選んだ本。夏の終わりが身に染みて切ない本。このころの長野さん作品はやっぱりいい。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2005年06月27日

切ない系。
最後まで謎に包まれている雰囲気と天体議会やカンパネルラとは違う千波矢と青の兄弟関係が好きです。

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2013年04月27日

情景描写が美しく、浸ってしまった。特に時刻時刻で姿を変える海の描写が印象的でした。やはり長野作品は水の描写が心地いい。
結末はどう受け取ればいいんだろう。兄とのエピソードが切なすぎた…。
長野作品の登場人物は皆ガラス細工の人形みたいだなと思います。基本、体温を感じないキャラクターはあまり好きじゃない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2008年09月27日

夏期休暇。
という言葉のイメージにある楽しさとかは全然ない。

長野さんの夏は、きっとこういうものだったんだろうなぁ。
ただただ切ない。明日も休みだと思う瞬間にちょっと似ているかも、と思ったり。

夏の終わりがずっと見え隠れする感じ。
胸がざわざわする。

…ああ、やっぱり。どうしてこの人の書く兄弟...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夏期休暇

Posted by ブクログ 2007年03月30日

長野ファン友達の間では印象が薄いとのこと。

この本を手に入れた夏は個人的に色々あって、ものすごく千波矢に感情移入してしまった。
幽霊でもいいから、逢いに来て欲しい。

このレビューは参考になりましたか?