ぼくの家は「世界遺産」
作者名 :

1巻配信中

価格 1,188円 (税込)

地球上にはさまざまな家がある。その家は、そこに生きるひとびとの暮らしを表わしている。写真家として世界中の民家を訪ねる著者が語る、「ひとが住むかたち」を感じるための一冊。

ジャンル
出版社
白水社
掲載誌・レーベル
地球のカタチ
ページ数
174ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ぼくの家は「世界遺産」

Posted by ブクログ 2016年08月18日

 写真家の小松義男さんが,世界遺産となった家をめぐり,それについて書かれています。
 家を巡っての旅行記といったところです。

 紹介されている世界の家は,
 ・スロヴェニア,楕円形の家
 ・ベネズエラ,ヤノマミ族の何家族もが集団で生活する大きな家
 ・ベネズエラ,ワラオ族の壁のない家
 ・ネパール...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?