今話題のiPS細胞、どこがどうすごいの? 中枢神経の再生を世界で初めて実証した岡野教授の著書! 再生医療の最新情報、iPS細胞は現在の医療の可能性を大きく変える! 不治の病がなくなる日がくるかも?

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
255ページ
電子版発売日
2013年10月18日
紙の本の発売
2009年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ほんとうにすごい! iPS細胞

Posted by ブクログ 2012年01月31日

iPS細胞が示す、今後の再生医療の可能性、基礎研究と臨床研究を繋げることの意味。岡野先生の研究人生がこの本から分かる。平易な文章で非常に分かりやすく、iPS細胞や再生医療について、研究者の立場から知りたい人へ良い入門書になると思う。

このレビューは参考になりましたか?