自分の体に興味を持って、アクティブに過ごしていた時期を経て、新しい年を迎えることとなった銀色さん。成人式を迎える娘と息子との暮らしの中で、銀色さんが新たに見つけたものとは……。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年10月24日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

自分の心も好きになりたい つれづれノート(24)

Posted by ブクログ 2014年02月05日

子供達がだいぶ成長したからか、銀色さん自身の
行動や所信が多くなったところがよかった。
初期のつれづれに戻ったカンジ。そうそうコレ!っていう。この巻では今までにないほど独りの行動が多い気がする。まさに孤独なアーティストだなぁという。
ストレッチ教室(先生の熱さがイイ!)やらナントカテクニークとか通う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の心も好きになりたい つれづれノート(24)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月10日

銀色さんが、ファンの人たちの自分を絶賛しているメールや手紙を載せていることにすごい反発している人も多いみたいだけど、それを差し引いても、やっぱり、つれづれは面白い。
これからも、読み続けるだろう。

カーカが補欠の最後で繰り上げ合格になったってすごい。
高校もそうだったとか。全然、受験勉強せずに、も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の心も好きになりたい つれづれノート(24)

Posted by ブクログ 2013年10月12日

いつも文句言ってる気がするけど、でも新刊が出たら買ってしまう。
しかも読むのが楽しみでわくわくするくらい。なんでだろう。ヒトの日記を読むのが好きだからかな。
今回も、イベントについてのファンの人の感想の手紙とかがけっこうそのまま載っているんだけど、もうそこは飛ばし読みして。
それ以外、ごく普通の生活...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の心も好きになりたい つれづれノート(24)

Posted by ブクログ 2013年12月05日

出るとやっぱり手に取ってしまう。

最近は銀色さん一家の食事が気になる。
おいしそうなものだとか、
わりと普通のものだとか。
白菜とお肉の重ね煮、よく作っている定番料理。
そういうのってうちにもあるなぁーと共感。
さくくんが「おいしい!」って食べてるのを読むとほっこりします。

このレビューは参考になりましたか?