裏切り。銃撃。シャーロットはただ逃げるしかなかった。肩に深手を負ったまま、ひたすら南へと。やがて待ち受ける過酷な試練、そして運命の出逢いとは。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKSロマンス
ページ数
513ページ
電子版発売日
2013年10月04日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2010年01月11日

嵌められて父親殺人の容疑をかけられ、銃そうを負いながら逃走を続けるお嬢様育ちのヒロインが素敵すぎる!そしてそんなヒロインの無言の励ましを受けながら体を回復させていく元海兵隊のヒーローが、無骨ながらも一途でいい。久々に寝食忘れて読みふけってしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2009年10月05日

最後の対決のシーンまで、ずぅーっと私怯えてた。
とにかく分からないこと尽くしで、もうその時にならないと何の予想もつかなかった。
でも――本当に、彼の守護天使兼戦うプリンセスはかっこよかった!

何よりも大好きなシーンは、二人が出会った場面。
私も勇気をもらったわ。

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2014年10月03日

元SEALのリハビリヒーロー * 追われる手負いのお嬢様
リサマリ、本名で書いたロマサス。官能シーン満タンではない分、作者の良い所が際立っているかも。優しい描写が多いが、二人で野外音楽会に行くシーンが特に素敵。満足。

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月09日

サスペンスとしてはラストが相変わらずですが、ここまで情けなく弱ったヒーローはリサの作品では珍しく感じました。が復活後はいつも通り、差し迫った欲望と保護欲が凄かった(笑)
今回は魚やら貝やら守護天使やら、エスパーかと思う意思疎通加減が面白かったです。
ヒロインが流れ着いた小さな町は皆良い人たちで、永住...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年05月28日

エリザベスジェニング名義というだけあってLMライスのより官能度が足んない。充分楽しいんだけど、ちょっともの足んない。

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月16日

私が初めて読んだリサ・マリー・ライスがこの作品。
ヒロインが追い詰められているときに、ヒーローが回復しつつあって、その時の淡い絆がまさにロマンス。
事件は会社乗っ取りでヒロインを追い詰めるための手口も陰惨。
それでもヒロインがしなやかに生き続ける姿が描かれてるので、テンポよく読めた。
後日読んだ真夜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2015年07月31日

父を殺され、その殺人犯として追われるシャーロット。
銃で撃たれた傷も手当て出来ず、ひたすらに逃げ、流れ着いたメキシコの地。
財閥の跡取りとしての生活を捨て、ひっそりと絵を描くことだけを糧にする彼女の前にある男が現れる―戦場で瀕死の重傷を負いつつも、過酷なトレーニングで復活を目指すマット。
姿を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2015年06月15日

元SEALヒーローx令嬢ヒロイン

『闇を駆けぬけて』でも思ったけれど
この作者のサスペンスって犯人側のモノローグが長く感じてしまう。
そして真夜中シリーズのファンとしては、
ラストのヒーローがちょっと情けない・・・
戦うプリンセスは格好いいけど、少しくらいはヒーローの活躍シーンが欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

明日を追いかけて

Posted by ブクログ 2010年01月22日

購入済み

あらすじ
(BOOKデーターベースより)
逃げ続けること。それがシャーロットに許された唯一の選択肢だった。財閥令嬢としての温かな生活はもう忘れよう。父を殺され、殺人犯の汚名を着せられ、銃で撃たれた傷の手当もできず、彼女はひたすら逃げる。南へ、南へと。しかし、流れ着いたメキシコの地で出逢っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?