「体を温める」と病気は必ず治る
作者名 :

1巻配信中

価格 1,188円 (税込)

病気は冷たいところに起こる! プチ断食、温めメニュー、簡単その場運動など、普段の食事や生活で体を温める方法や、症状別・病気別にどんな温め方が効果的かを紹介する。早い人は1週間で効果が表れる内臓強化法。

ジャンル
出版社
三笠書房
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年10月04日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

「体を温める」と病気は必ず治る

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年07月24日

低体温や過食の人は癌になりやすく他の病気も招きやすいです。
自分の身体の不調がなぜ起きているのかよく分かった。改善方法もとても簡単ですぐに始めらる。基礎体温を上げるぞ!!身体の不調と絶対さよならする!!と始めて本気になれた本です。冷え性の人だけでなく色んな病気の人にも読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2010年07月29日

生姜紅茶。
人参林檎ジュース。
大根。
ごぼう。
人参。
レンコン。
キャベツ。
わかめ。

なるべくたくさん摂ろうっと。

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2009年12月29日

前々から興味を持っていた内容。初めてきちんと買って勉強してみました。
内容がわかりやすい、具体的に実践できそう、値段に対して
情報量が多いの3点そろって満足満足。
70万冊売れたとか。すごいっすね。
やっぱり風邪を引いたら葛根湯。
一生懸命生姜湯飲んでます。
一日一回は体温を上げる。
北国で取れた食...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2009年10月27日

友達にすすめられて読みました。
これ読んで子供が出来たとさえ思ってます。感謝。
人参りんごジュース本当に美味しい。

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2009年01月31日

冷え性です。


この本を読んで、生姜紅茶を飲み始めてから、冷えを感じることが、明らかに少なくなりました。
3日で。

ビックリです。



その他にも、様々な体を温める食事が載っているので、取り入れていきたいです。


このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2008年05月03日

さまざまな体調不良や病気は「冷え」が原因。
どの説明も「心当たり」があり、思わず納得することばかり。
久しぶりに測った体温・・・35.5℃に愕然。36.5℃が免疫力も強い一番良い状態。
35.5℃は恒常的に続くと
   ・排泄機能低下
   ・自律神経失調症状が出現
   ・アレルギー症状が出現
3...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2018年07月29日

血液は腸から作られるという石原結實さんの理論と健康法に興味が増し改めて主要作と思われる本作を手に取った。
端的には体を温めよということ。食い過ぎ飲み過ぎは体温を下げるので注意。下手な西洋医学対症療法は体温改善させないし排泄を止めるのと同じで長い目には逆効果という話は経験上どこか腑に落ちるところがある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2016年07月22日

体の仕組みをきちんと理解してから、もう1度読みたい本

数週間前、驚くほど足が冷えたのをきっかけに、冷え取り健康法などを実践した。
更に「体を温める」という視点の健康法の本を読みたくなり、本書を読んだ。

体温低下により病気になるメカニズムと、体温上昇により病気が治るメカニズムを説明し、衣食住におい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2013年02月10日

かなり本当らしい。体温が低いと大変な事になります。体温を下げる食べ物には意外なものがあり、生姜の大事さも分かりました。

このレビューは参考になりましたか?

「体を温める」と病気は必ず治る

Posted by ブクログ 2012年05月14日

以前、筆者の石原結實さんが書いた“「食べない」健康法”を読んで、体温の重要性を知りました。本書は、体温について掘り下げて書かれている事から、手にしてみました。

高い体温の有効性(低い体温の危険性)と、どうしたら体温を上げる事ができるかが、本書には書かれています。“「食べない」健康法”とかなり被る部...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?