きみの友だち
作者名 :

1巻配信中

価格 756円 (税込)

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年10月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

きみの友だち

Posted by ブクログ 2018年07月29日

「みんな」の圧力に負けそうなとき、私もあるなあ。周りの反応をうかがったり、必死で周囲に合わせている自分に嫌気がさすことも。堀田ちゃんの話は、自分を見ているようで、ぐさっときました。

みんなの記憶に残る友達になりたいです。

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2018年06月10日

恵美を中心に彼女の周りの友だちのエピソードを綴った連続長編。
みんなを「きみ」という人の正体がわからず深読みしながら色々と推察したけれど最終章で明らかに。ははぁ、そうきたかとこちらも心温まるお話。
どんな人にもそれぞれの物語があってみんな様々な思いを抱えて生きている。
誰にスポットが当たるかでとらえ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2018年04月24日

読むのが2度目だったので話も知ってるし安心してたのに、最初に読んだときよりも、いろんなとこでウルッときて、泣けてしまった。

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2018年02月10日

事故で片足が不自由になった主人公と周りの人達との関わりを描く物語。各話ごとにスポットライトが当たる人は異なるが、誰もが経験したであろう学生時代の難しい人間関係が主人公達との対比とともに描かれている。友だちは損得や力関係で付き合うのものではないし、気がついたら一緒にいて自然になってるものだと思った。主...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月24日

【あらすじ】
わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月20日

2017/8/20
こんな本外で読めないよ~
家で読んでてよかったよホントに。
「花いちもんめ」の章なんて始まってすぐからずっと泣いてるやん。
危ないとこだわ。
また何度も由香ちゃんいないから!大丈夫!って自分に言い聞かせたわ。
でも由香ちゃんもブンもモトも佐藤先輩も、みんなこの本読むといいよ。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2017年04月01日

よかった。甥(中2)にプレゼント。我が子にもあと1・2年で読ませたい。大人になっても読んでみるべき本だなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月06日

タモリだったか「1年生になったらぁ…ってあの歌嫌いだ、友だちなんて100人もいらない、友だちなんてのは人数を競うものではないだろ」って。

人間関係なんてのは。じっくり時間をかけて熟成して、その中で自分も相手も選択淘汰を繰り返して、選んだり選ばれたりして、そうして残ったり磨かれたりするもんや。ずっと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2017年02月13日

読んだのは、いつだったか・・・だいぶ前。
2011年頃?もう少し前?

哀しみ、憤り、喜び、寂しくなり、厳しい現実の中のささやかな喜びを見出し、、、、

ほんのりとした友情の芽生えを目撃し、しかし、その終焉を予感させられつつ読み進め、、、

一見落ち着いたように見えるヒロインの生活に少々安堵し、、、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

きみの友だち

Posted by ブクログ 2017年01月11日

疲れ気味でほっこりしたくて、久しぶりに重松清さんの本を読みました。
大好きな本になりました。
自分の娘たちにぜひ読んでほしい本です。

このレビューは参考になりましたか?