児童精神科医の小村伊緒が勤める児童福祉センター「のぞみ園」に母殺しの容疑者である九歳の少年・真下裕人が保護された。伊緒が治療にあたるうちに、裕人は心を開きはじめるようになる。同じころ「のぞみ園」の近くでは、奇妙な連続殺人事件が起きていた。その現場には母親殺害現場のものと同じ成分の黒い染みが残っていた――。「悪」の本質に挑む驚愕のサイコサイエンス・ミステリ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2013年06月21日

や ら れ た … !

最後のどんでん返しに見頃にやられた。
ここまで、ってほどミスリードに引っかけられまくった。
サイコミステリはもともと好きなジャンルではあるけど
この作品は本当におもしろかった。

どうでもいいんだけど、
西澤が私の脳内では西島秀俊で再生されて
終始かっこよかったです。

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2010年04月03日

読み返したい1冊。
こういう感じの小説はあまり好んで読まなかったのですが、タイトルに引かれて購入。
自分の知らないことが沢山吸収できました。

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2008年08月04日

ミステリー。
昆虫のDNAが人間に・・・。
医学用語がたくさん出てくるが、それすらも面白い。
最後の最後まで犯人がわからず(・・・後で考えると、そっかぁそこだよなとわかったけれど・・・)
そして、哀しかった。

最近は遺伝子操作された食物など出てきているが、こんな危険性をはらんでいるんだと
改めて感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2007年09月06日

初めて読んだが中学生の頃。正直中学生が読むものではないと思うけど当時はファンレターを書いて捨てた(チキン)ほど感動した。

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2015年08月21日

DZもでしたが 作者の知識量 情報量が多くて読んでいる間 理解に必死。理解していくのが楽しい。→読んだ次の行で忘れてしまうのですが。

自分に知識と理解力がもっとあればいいのに、『こんなすごい小説を100パーセント理解できないなんてもったいない 』 と 自分を恨めしく思いながら読み進めました。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月12日

本の中で載っている話。
吸血鬼ドラキュラの話しである。心理学や社会学の理論がちりばめられてある。ドラキュラの性各をフロイト的解釈で、十字架とニンニクは男根の象徴。オザリオ(輪)は女性器の象徴。つまり、性的なものを忌避している。ドラキュラが鏡に映らないのはラカンの鏡像段階理論から「幼児は鏡像段階を経て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2010年01月06日

【あらすじ】
児童精神科医の小村伊緒が勤める児童福祉センター「のぞみ園」に母殺しの容疑者である九歳の少年・真下裕人が保護された。伊緒が治療にあたるうちに、裕人は心を開きはじめるようになる。同じころ「のぞみ園」の近くでは、奇妙な連続殺人事件が起きていた。その現場には母親殺害現場のものと同じ成分の黒い染...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2009年04月24日

6月に入った京都は、暑い日々が続いていた。
二件連続して殺人事件が起きたのだった。
5月に女子大生が6月にOLが血を抜かれた状態で遺体として発見された。
伏見署では、同一人物による連続殺人事件と断定し特別捜査本部を設けたのだった。
そんな中新たに事件が発生する。
夜に女性の悲鳴が聞こえたと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2008年04月19日

アラタ体とか、昆虫のホルモンについて小難しい事が書いてあり、文章も硬い。読むのに忍耐力がいる。
でもそこに描かれる愛情や憎しみは、そんじょそこらの小説よりよっぽど肉薄してるので、読後は大満足!ラストは胸キュンだし。キュンキュンだしw
吸血虫にはホラー的な要素も感じられて、ページ数は伊達じゃないなって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手のひらの蝶

Posted by ブクログ 2006年05月20日

重い感じがして少々読みづらい感じはしますが、後半に行くほどテンポが上がり読み応えがあります。最後は特にスリルに飛んでハラハラしたり。
重さが無ければもっと一般ウケされる気はするんだが、この重さが作者の色かもな。

このレビューは参考になりましたか?