同僚の恋人との三年越しの恋愛にけりをつけた僕は、アルバイトの由布子と付き合うことに。しかし愛の歯車はそのときから少しずつ狂い始める――。蝕まれる心と身体、公私にわたって逼迫する生活。心を閉ざし壊れていく恋人を見守り、献身的に尽くす僕の日々に突然の別れが押し寄せたとき、脳裏には美しい白鳥の歌声がこだましていた……。狂おしいまでの情熱に駆られラスト1ページまで突き抜ける、哀しみのラブストーリー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

スワンソング

Posted by ブクログ 2016年03月19日

三角関係の末、どうしようもなく悲惨に終る物語。こうなる前になんとかならなかったのか…とも思うけれど、どうしようもないことって、確かに、あるよなあ。

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2012年12月04日

とても重い話ではありますが、深い愛情を感じました。考えさせられましたし、涙してしまいました。私の中のベストセラーです。

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2012年07月02日

別れと出会い。

別れの描写は本当につらいです、身を切り刻まれるような思いでやっと読みました。私自身が上向き始めてるから読み切れたんだと思います、それほどにつらい。

でも、由布子を好きになる瞬間の描写、その想いを伝えるための言葉。
この数ページは本当に素晴らしい、何でこんな表現をできるんだろう。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月19日

やっぱ大崎善生は間違いない。

出版社で働く主人公には職場が同じ彼女がいたが、アルバイトで入った女性に惹かれてしまう。彼女との別れを決意し危うい三角関係にケリをつけることは、果して誰を幸せにするのか。

「別れる」ということにあまり感情を抱けない僕にとって、この本は意味がありすぎた。身近なところで付...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2011年09月09日

「パイロットフィッシュ」の心地よい切なさがとても気に入ったから
本作もそういう感じなのかなと気軽に手にとったのだけど、全くそんなことはなかった。
あの心地よいさわやかな痛みじゃなくて、心臓をえぐられるような、息がつまる痛み。

たくさんのどうしようもない想いが自分の過去や現在の痛みとリンクして、
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2011年07月29日

『スワンソング』を読んだ。辛くて、苦しくて、何度も読むのをやめては、いてもたってもいられずに再び読み始めるということを繰り返した。生きること、死ぬこと、人を愛すこと、苦しいこと、幸せなこと、それでも生きていく、ということ。私は愛する人のためにどれだけのことをしてあげられるだろう。

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2011年02月12日

おれの大好きな大崎善生さんの作品。
身を切られるような切ない恋愛が描かれていました。
三年付き合った恋人を失った元彼女の気持ちも、大好きな人の生活を壊してしまったと病んでいく彼女の気持ちも、そのどちらも満足に救ってやれないことに苦しむ主人公の気持ちも、どこかしら自分の中に共通する気持ちを見つけてしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2010年11月20日

同僚の恋人との三年越しの恋愛にけりをつけた僕は、アルバイトの由布子と付き合うことに。しかし愛の歯車はそのときから少しずつ狂い始める・・・。蝕まれる心と身体、公私にわたって逼迫する生活。心を閉ざし壊れていく恋人を見守り、献身的に尽くす僕の日々に突然の別れが押し寄せたとき、脳裏には美しい白鳥の歌声がこだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2010年07月20日

落ちたー。大好きな大崎さん、またノンストップで
読めました。

これは、好きとか愛するとかそういうレベルじゃない。
ソウルレベルの話な気がする。

あそこまで、誰かのことを想えて、例え不幸な結果に
終わったとしても、それはすっごい尊いことだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

スワンソング

Posted by ブクログ 2013年11月14日

携帯電話がなく、連絡の手段は電話だけ。
もちろん私の恋愛時代も当然そうだった。
この時代、電話が鳴ると、心がときめいた。
ただ、この物語はときめきと恐怖が隣り合わせのベルの音…。
主人公が昔の彼女と新しい彼女の間に板挟み。そしてはっきり気持ちを伝えないために、彼女たちは心を病んでいく。
人間の精神な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?