美しい男娼マリーと養子である美少年・欣也とのゆがんだ激しい親子愛を描き、1967年の初演以来、時代を超えて人々に愛され続けている「毛皮のマリー」。そのほか1960年安保闘争を描いた処女戯曲「血は立ったまま眠っている」、「さらば、映画よ」「アダムとイヴ、私の犯罪学」「星の王子さま」を収録。寺山演劇の萌芽が垣間見える、初期の傑作戯曲集。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2016年10月08日

言葉の連隊が大挙して押し寄せてくるようなすさまじさ…。言葉の錬金術師ってこういうことか!!!5篇の戯曲が一冊に収められていますが編み方も大変よく、見事に一つの無限ループを描いて宇宙を作ってます。みんな誰かの代理人。私は誰の代理人なんだろう?それを放棄し動物的に生きるということは意外と勇気がいる。遠く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2014年08月25日

読んでいると実際に脳内に舞台が作り上げられていく。どんどんフィードバックされていきページをめくる手が止まらなかった。表面的にとらえてしまえば厭らしい捻じ曲がった作品かもしれないが、その中に見える願望や欲がとても美しく心に響いてくるものだった。

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2014年04月16日

戯曲は面白い。小説と異なり物語の情景が、観客席から舞台を観ている視点と状況として目に浮かんでくる。大きな劇場ならば豪華なセットを想像できるし、小さな小屋を想像するならほとんどが見立てとなる。奥行きだけは曖昧にならざるを得ないし、想像と実際では上下は異なるかもしれないが、たぶん想像する動きは違わないだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2014年01月21日

5篇を収録する戯曲集。篇中の白眉はなんといっても「毛皮のマリー」だろう。この作品は、こうして戯曲として読んでも、想像力が拡がって十分に楽しめるのだが、やはり舞台で見てみたい。寺山自身による演出で、1967年新宿文化劇場で初演されている。その時には都内21件のゲイ・バーが協力したというから、さぞかし賑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2012年09月11日

戯曲集。冒頭からぐいぐい寺山ワールドに引っ張られる。「血は立ったまま眠っている」のテンポの良さ、台詞回しは圧巻。声に出して読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2011年12月02日

寺山修司の世界観に引き込まれた!
どす黒くもキラキラしててエロティックなキャラクターたちは皆感情剥き出しで、そこが人間らしくて魅力的だった
綺麗事で塗り固められた教科書の何百倍も、想像力をかきたてられる

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月26日

・毛皮のマリー La Marie-Vison

2009年 美輪明宏 さん主演「毛皮のマリー 」。

マリー「あたしは、その中でできるだけいい役を演じたいの。芝居の装置は世の中全部」

このセリフが聴きたくて帰国した。

何年も待ちわびた演目で今でも目の中に浮かぶ。

下男 
「ああ、うまいこと自...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2010年02月27日

どれもこれも名作。劇みてみたい。
台詞とナレーターで、こんなにも情景を思い浮かばせるってすごいことだと思います。
小説とも本当の劇とも違った、不思議な味のある作品。素敵。

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2010年01月11日

寺山ワールドはドクドクしてていい。
いつでも焼けて無くなってしまいそうな怪しさ。
今度舞台を観に行くので楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

戯曲 毛皮のマリー 血は立ったまま眠っている

Posted by ブクログ 2009年03月12日

面陳されていたので迷わず購入。
一番演劇として見たいと思ったのは「星の王子さま」
童話の世界にどっぷりな生活って幸せだと思うんだが。
美輪さんの「毛皮のマリー」も観にいきたい。
雰囲気に酔いそう。

このレビューは参考になりましたか?