幸せを売る会社って、どんな会社なんだろう。

恋人から婚約を破棄されたうえに、会社からはリストラにも遭い、不幸のどん底にあった氏家譲は、中学時代の友人であった武蔵と10年ぶりに再会する。
「よう、久しブリ照り!」
いきなりそう話しかけてきた武蔵は、「自分の愛人の相手をしてやってほしい」と譲に頼んできた。武蔵の依頼を引き受けた譲だったが、当の愛人からあらぬ誤解(ロリコン疑惑)を受け、インチキ臭い神社へ連れていかれることに。
そこで譲は中学時代の同級生の女性・藤原たまりに出会う。さらに武蔵がステキに胡散臭く経営している会社「ハピネス計画」で働きはじめ、譲の人生は転々としていく。
 怪しいけれどどこか憎めない人物たちの行動に巻き込まれ、振り回されつづける譲に、やがて小さなハピネスが。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年10月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

株式会社ハピネス計画

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年07月15日

友人に薦められた一冊。人生のどん底だった男がとある会社を紹介してもらいそこに関わることで起きる事件によって男が得る幸せとは何か。

このレビューは参考になりましたか?

株式会社ハピネス計画

Posted by ブクログ 2010年08月25日

最近似たいような同窓生との再会があったのでストーリーには興味が持てた。
描写表現も豊かで、最後のオチもちょっと強引だけど期待通りだったのでなかなかの作者だと感じた。
他の作品も読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

株式会社ハピネス計画

Posted by ブクログ 2013年06月04日

巻き込まれ型主人公による「幸せ」をめぐる怒濤のエンタテインメント・・・らしい。なんでこうなったかなの嵐。

このレビューは参考になりましたか?

株式会社ハピネス計画

Posted by ブクログ 2013年02月02日

少し異質な現実に飛ぶことしばしば。足元が覚束無いままのハッピーエンドは、どこか架空の幸せのような印象…
事実は小説より奇なり、だったりするかな。

このレビューは参考になりましたか?

株式会社ハピネス計画

Posted by ブクログ 2011年09月23日

婚約破棄された上、リストラに遭い、不幸のどん底にいた氏家譲は、田舎に帰り久々に再会した中学時代の無責任な友人阿久津武蔵の無責任な要求に振り回されて、成り行きから武蔵の愛人である無責任なオンナ優璃亜とその娘の樹雲の家に住み込みで働く羽目になり、その後も次から次へとエキセントリックで無責任な人々に振り回...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

株式会社ハピネス計画

Posted by ブクログ 2011年06月25日

婚約を一方的に解消され、会社を喧嘩して辞めた結果、何事にも無気力になっている男が、中学時代の同級生と再会して立ち直っていく話でしょうか。何がハピネスなのかも、同級生だった女性への想いも、私にはよく理解できず、中途半端なファンタジーという印象。

このレビューは参考になりましたか?