手と首を斬り落とされた女の死体が発見された。捜査一課の蒲生信昭は、所轄の刑事・和泉龍一と組み、捜査を開始する。だが、被害者の娘、大河内涼を見たとたん、和泉の様子がおかしくなる。和泉を疑い出した蒲生は、彼の過去を調べるが……。血と暴力に彩られたあらゆる罪悪が襲いかかる狂気のクライム・ノベル。鬼才・小川勝己が描く、救いのない、背徳的な快楽に満ちた世界から、あなたは抜け出せるか――。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2014年12月07日

刑事物の中では一番好きです。大好き。
ミステリーも捨てたもんじゃないですねぇ、あれ?これミステリー。。。?

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2007年02月07日

小川勝己の小説読んだのはこれが初めてでした。
一番最初に読むにはある意味衝撃的で(普通に本屋に並んでいる小説でこんなにグロいのは見た事なかった※しかし私の世界は狭い)
でも衝撃的だったからこそこの人について行きたくなった笑。

(小川勝己作品全般にいえるけど)キャラが良い。皆可愛い。
猟奇的な描写で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2015年03月05日

ストーリー自体は普通のクライムサスペンス。だが、主要登場人物が皆鬼畜であり、普通とは一味違って面白かった。久しぶりの一気読み。エログロな表現が多く、読む人を選ぶ内容でありお勧めはできないが、彼岸な行為すぎてある意味リアリティがなく、思ったほど胸糞ではなかった。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2014年07月05日

グロテスクでクレイジーでカオスティックなエロスハードボイルド。人間の想像し得る中で最も狂った世界を楽しみたくて、そのような小説を探していたのだが、その本意は無事、遂げられた。型破りで病的な世界だ。

物語の設定において、読み手のスムーズな理解を促すためには、登場人物にブレの無い一貫性が必要であり、仮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2011年09月19日

読み終わるまで、釈然としない、胸くそ悪い作品では、最近の作品では中々ではないでしょうか。
バラバラ殺人を担当する主人公と相方。
不審な行動を取る相方によって徐々に判知する過去。
内容が内容なので、ネタバレはしませんが、
「正常の定義」とは、なんなのでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2010年10月05日

登場人物全員悪人…という映画が最近あったが、こっちは登場人物全員鬼畜、或いは変態、といった危険本。ヘタに手を出しちゃいけません。しかし、読み進めていくと何かを思い出す…ああ、そうだ、この感覚は山本英夫の「殺し屋1」だ。つまりそういう事。殺し屋1が好きならオススメします。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2008年03月23日

現実にあり得ることができるであろう重い話をごたごたに混ぜたみたいな不思議な一冊。読んでいる間中は次々と読みたくなるんですが、読み終わっても、これでいいのか?なんて疑問が残ってしまう。普通に生きてる人間が豹変する引き金となるものは、結構身近にあるのかも、なんて。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2007年03月10日

ほんとうに愛したとき、人はその人を食べてしまいたくなる、といってた。だけど、やくざ同士の撃ち合いとかのシーンが多すぎ。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2005年05月15日

社会の悪と心の闇の物語。あっけらかんとした暴力シーンには、逆に吐き気すら覚えます。まさに救いのないノワール。

このレビューは参考になりましたか?

彼岸の奴隷

Posted by ブクログ 2016年08月06日

「建物の中には狂人までいるらしい。」
いや、お前が言うかね!!
っていうツッコミが自分のなかで百花繚乱。狂人のオンパレードストーリー。

なんか狂い具合と描写がスゴすぎて、犯人が誰か、とか事の真相、とかが頭の隅っこに追いやられて埃にまみれちゃうという………。

感情移入できるシーンもキャラクターも一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?