銀砂糖師キャットとアンの出会いをはじめ、アンとシャルが歩んだ道の様々な軌跡。さらに、若き日のキャットとヒューの物語、幼いアンと母の思い出を描いた書き下ろしも収録。豪華ピンナップつきの珠玉の外伝集!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち

Posted by ブクログ 2017年08月21日

キャットがいっぱいで、キャット好きとしてうれしいです。
名前の由来とか、ベンジャミンの羽管理不足とか。

このレビューは参考になりましたか?

シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち

Posted by ブクログ 2016年09月22日

 短編集。~8巻までの時系列ということで、出版順とは違うが読んでみた。
 キャットとベンジャミンの短編がすごく好きだ。アンとシャルとは少し違うが、互いに信頼関係のようなものが見え、これからも凸凹な感じで貧乏暮らしを仲良く行くんだろうな、と思う。

このレビューは参考になりましたか?

シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち

Posted by ブクログ 2014年01月10日

キャット率の高い短編集。

初めの頃はアンとシャルもこんなにギクシャクしてたんだとか、あの話の後にこんな出来事がとか、キャットの過去が!とか、いろいろ楽しめて満足な一冊。

みんな器用な生き方の出来ない人ばかりで…。

このレビューは参考になりましたか?

シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち

Posted by ブクログ 2013年09月24日

ヒューとエマの過去も気になるけどキャット...!!
キャットがより愛おしくなった。
そして意外と強かなベンジャミン...流石に長く生きると色々あるのかなー。シャルより生きてるわけだし。

エリオットもなんだか切ないし。
キャットとエリオットの出番を待機。

このレビューは参考になりましたか?

シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち

Posted by ブクログ 2013年07月11日

シュガーアップル・フェアリーテイル初の短編集。
6話の短編と2つのコミカライズが収録されています。
気になってたアンたちとキャットとの出会いが読めて、こんな風に知り合いになったのね、と懐かしかったです。
あと前半の話はまだ1巻とか2巻あたりの話なので、アンとシャルがぎこちなかったりするので、両想いに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?