常識にとらわれた単眼思考を行っていては、いつまでたっても「自分の頭で考える」ことはできない。自分自身の視点からものごとを多角的に捉えて考え抜く、それが知的複眼思考法だ。情報を正確に読みとる力。ものごとの筋道を追う力。受け取った情報をもとに自分の論理をきちんと組み立てられる力。こうした基本的な考える力を基礎にしてこそ、自分の頭で考えていくことができる。ベストティーチャーの奥義!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α文庫
ページ数
381ページ
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2018年04月21日

『1.「なぜ、それが問題なのか」に着目することによって、ある問題を問題と見なす視点は何かをとらえる。

2.同じようなことがらでも、問題にする視点によって問題のとらえかたや問題のしかたが違ってくることに注目する。

3.ある問題がクローズアップされることで、隠れてしまう問題がないのかに目を向ける。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2018年02月10日

今年は「よく考える」ための本を中心に読むことにしているが、これは良書でとてもわかりやすく、実行しやすい内容。日常的にこれらを意識する癖を身につけることで、知識がリッチになるし、深い思考、正しい思考ができるようになると思う。「創造的/批判的読書で思考力を鍛える」「良い問いを立てる」「複眼思考」など、ど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2017年03月31日

数年ぶりに再読。今回の方が前回よりも衝撃度が大きいかも。
「批判的思考」という言葉は使っていないけれど、中身は100%批判的思考について書かれている。難しい言葉は一切なし。どこまでも具体的で、だからこそ恐ろしいほどわかりやすい。そして著者がいかに優れた頭脳かも、やっぱ恐ろしいほどわかる。

高校生以...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2016年04月27日

さまざまな視点から本を読み考えなければならない。今までに何度も聞いた。鵜呑みにしてはいけない。これもそうだ。しかしどうすればいいのかはわからなかった。この本には具体的なやり方が書いてある。自分は前半だけでお腹いっぱいなので後半はさらりと流してしまった。読書に対する姿勢、考え方を見直すために一度読んで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2015年12月24日

自分で考えるための手順書。
自分で考えろ といっても 考えられれば 簡単だ。
考える力をつけない限り、考えることに及ばない。
誰でも、考えてはいると思っている。
まったく、考えていないわけではない。

おもしろい。
考える力を論理的に 突き止めて行く。
発達させる 大リーグギブスのような本。

偏差...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2015年03月29日

読書術,思考に関する方法論の記述がためになる。
「本でなければ得られないものは何か。それは,知識の獲得の過程を通じて,じっくり考える機会を得ることにある―つまり,考える力を養うための情報や知識の格闘の時間を与えてくれるということだ」(p. 70)
エッセンスが同書に数多く含まれているので,再読に値す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2015年02月24日

情報や常識を鵜呑みにしない「批判的精神」を手にいれる本。必要なのは、ナゼなのか?という問いををもつこと、と説いている。複眼的な思考を実践する上で、ひとつの物事を「ナゼ?」と問いながら分解し、鵜呑みにしがちな事実に隠れた答えにたどり着くことがゴールとなる。たえず問いかけることが、思考停止のステレオタイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2018年07月29日

大学の先生の授業を聞いている気持ちになった。本当の理解をするにはあと何回か読まなければ分からないと思う。それでも刺激と示唆に満ちた本で大変面白かった。またいつか挑戦したい。、

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2018年03月18日

おそらく大学1年生の少人数授業(基礎演習とかフレッシュマンセミナーといった科目名称が付けられているもの)のテキストとして使用されることが多いであろう本書。

学生時代に読んだものを読み返してみると、事例は古いものの根本的なことは未だに変わっていない。

「言うは易く行うは難し」の内容であるが、今の世...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ

Posted by ブクログ 2018年02月20日

物事の見方と考え方についての本。

情報には発信者がおり、意図がある。現象には原因があり、要因は1つではない。
ごく当たり前のことも吟味し、分解し、複数の角度から見直すことで発見がある。

常々行うことは知恵熱で疲れそうではあるが、なぜ?という疑問がわいたとき、大小問わず問題へ直面した際に解決の糸口...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?