ブランドはヒト、モノ、カネ、情報に次ぐ「第5の経営資源」である。ステークホルダーを統合する媒体、シンボル、“夢”である。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新版 パワー・ブランドの本質

Posted by ブクログ 2018年12月09日

・「メルセデス・ベンツ」の社員たちを牽引してきた夢とは「最良か、無か」というものであり、その夢は「ノーブル」という理念に昇華したものの、その本質は色あせること無く経営者や社員の心に”誇りの源”として息づいている。
・「イメージ」という言葉こそ、商品とブランドとの違いを理解するカギなのである。
・「先...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新版 パワー・ブランドの本質

Posted by ブクログ 2010年01月10日

ブックレビュー社

パワーブランドはその従業員を奮い立たせ,顧客を歓喜させる夢を持つ。経営者はその夢の発信者そして番人だ 「われわれは夢を売っている。もし単に売上を上げるためだけならば,明日にでも売上を現在の何倍にもすることができる」。これは本書で紹介されたジョルジオ・アルマーニのゼネラル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新版 パワー・ブランドの本質

Posted by ブクログ 2008年05月21日

【読む目的】
ブランドを作る意義、作り方理解
国・個人への落とし込みを考える

【まとめと感想】
?パワーブランド=お客様脳内の信用預金口座
?必要なのは『夢』『一貫性』『革新的』
?法則 ・エイジング不在
   ・スーパーカスタマーの存在
   ・クラブ(同好会)
   ・倫理的

大筋納得。ブラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?